車のブレーキが効かなくなった時の原因と対処法

車のブレーキが急に効かなくなってしまった・・・。

それはそれはかなりの恐怖体験になりますよね。ブレーキを踏んでも効かないって一体どういうこと?その対処法はあるのだろうか?

どのようにブレーキが効かないかを確認しよう

車のブレーキが効かない原因として、いろんなことが考えられます。まずはそれらの原因を冷静に分析する必要があります。

大まかにブレーキが効かない原因として考えられるのが

  • ブレーキパッドが終わってしまった
  • ブレーキシューが終わってしまった
  • ブレーキペダルがふわふわして踏んでも効かない
  • ブレーキを踏んでいるのに効かない

それぞれの原因について対処法を考えてみましょう

ブレーキパッドが終わってしまった

車のブレーキパッドの残量が終わってしまった。

これは、交換するべき時期を過ぎてブレーキパッドを使い続けると、パッド面が終わって地金がブレーキローターと接触しだします。

ブレーキを踏んだら、かなりブレーキの効きが悪くなり、ブレーキペダルも

「ガガガガガガ」

といったキックバックが伝わってきます。ABSが効いているようなそんな踏み心地です。

初期症状としては、ブレーキをかけた時にキーといった音が出たりブレーキランプ警告灯が点灯したりします。そのサインを見逃さないでブレーキパッドを交換すると大丈夫なんですけど、使い続けるとブレーキパッドの地金でブレーキローターを削ってしまいます。

ブレーキパッドを使い切ってしまったら大ピンチです。車に相当慣れて詳しい人であればうまーくサイドブレーキのみを使って整備工場まで移動することもできるかもしれません。ですが、危険な行為に間違いないので救援を呼びましょう

ブレーキシューが終わってしまった

ブレーキパッドと同様、ブレーキシューが終わってしまった。

今の車は前輪にはほとんどディスクブレーキを使っているので、ドラムブレーキを採用しているのは後輪になってきます。

ブレーキシューが終わってしまっても、ブレーキドラムを削ってしまうので、ブレーキングをした時に

「ガガガ」

といったキックバックがブレーキペダルに伝わってきます。

これもブレーキパッドが終わったのと同様で走行するには無理があるので救援を呼びましょう。

ブレーキペダルがふわふわして踏んでも効かない

ブレーキペダルを踏んでもペダルがふわふわして踏んでも効かない。

もしくはペダルを踏んでも床まで踏み抜けてしまう。

こういう症状があらわれたら何が原因か?

これは、ブレーキオイルがなくなってしまった。もしくはブレーキラインにエアが噛み込んだのいずれかになってきます。ブレーキオイル漏れかベーパーロックを起こしてしまったということになります。

ベーパーロックは、峠の下り道でブレーキを多用しつづけるとブレーキオイルの沸点を超えて蒸発・エアをブレーキラインに噛み込んでしまいます。そうするとペダルタッチが急激に悪化するのです。

踏んでも床まで踏み抜けてしまうブレーキ。これは恐怖です。

そしてブレーキオイル漏れ。これはブレーキキャリパーのゴムシールやブレーキドラムのカップキットからオイルが漏れてきている現象です。

通常ブレーキラインは2系統にわかれています。なのでブレーキオイルが漏れだしても、すぐにオイルが空になることはありません。

しかしブレーキペダルの踏み心地はかなり柔らかくなってしまいます。

もしベーパーロックを起こしてしまったのなら、車を路肩に止めてブレーキを自然放熱させて冷まします。こうすることで、効きが多少は回復しますが最終的にはブレーキオイルのエア抜き作業が必要になってきます。

機械式のサイドブレーキであれば、ブレーキオイルは関係ないので、サイドブレーキを使えばある程度速度を落とすことも可能。ただこれは慣れが必要なのでお勧めしません。

ブレーキが踏んでも効かない

ブレーキを踏んでも効かない。となるとフェードしている可能性があります。

フェードはブレーキパッドの耐熱を過ぎて使うと全く効かなくなります。これも、下り道でブレーキを多用すると起こり得る現象です。

僕も一度フェードを経験したことがあります。ブレーキペダルを踏んでも踏み心地はきちんとしているんですが、ブレーキが効かないんです。

強く踏み込んでも効きません。これもかなりの恐怖です。

ただブレーキがフェードしたのであれば、とりあえず路肩に車を止めてブレーキを冷ましましょう。ブレーキの熱が冷めてくれば効きは元に戻ります。

ブレーキは車の命綱

車で一番怖いトラブルはブレーキです。

エンジンが止まっても人命にすぐには直結しない。ですが、ブレーキが故障したら人の命を脅かすようになります。

自分で車のブレーキを把握できないのなら、修理工場で定期点検を受けるか車検時に早めに交換するようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    車を動かす上で、最も重要なのはブレーキだと、自分も思います。
    走る、曲がる、止まる
    この中でやっぱり止まるが一番大事ですよね!
    でも、世の中には「そんなの関係ねぇ」って感じの人が居てるのも事実ですよねぇ!
    あきらかに、ブレーキから異音を発声してても普通に乗ってる人も居てますからね。
    ブレーキパットやブレーキシューは点検時にプロに見てもらうとして、ブレーキフルードの点検位は、自分でしましょうよね!!
    と言いたいですね!!
    ブレーキペダルを踏んでも減速しない…。
    考えるだけで、ぞっとしますねぇ…。