外車の方が優れたブレーキ性能を持っている理由はブレーキローターに秘密がある

カー雑誌などで、いろいろな記事を読んでいるとその殆どが国産車と外国車のブレーキ性能について、言及しているのに気が付きます。

その内容は、国産車のブレーキ性能はプアで、走行性能のほうが明らかに上回っているということ。

spr-7-01

一般的に車をトータルバランスで考えると、エンジン性能よりも足回り、ブレーキ性能がワンランク上の方がバランスがいいと言われます。

エンジンパワーを追求しても、足回りがやわだったり、ブレーキ性能が弱かったりするとそのエンジンパワーを生かせないばかりか危険だということ。
これは言われてみればまさにその通りだと思います。

10秒で200km/hに達する車であったら走行性能やブレーキ性能はそれなりのものがおごっていないと危険でしょう?
足回りがガタガタであれば、高速コーナーで姿勢が安定しない。

そしてストッピングパワーがきちんとないと、イザというとき止まれないということ。

昔のスカイラインGT-Rは、エンジン性能が勝っていてブレーキが本当にプアだった。
サーキットを全開で走ると、2~3周でフェードしてしまうなんてことが書かれていた。

当時はFC3Sがトータルバランスで優れていた車だったと。
車体が軽いためブレーキに負担がかからない。

では外国車と国産車ではなにがそんなに違うのか?
というと、ブレーキローターに他ありません。

spr-7-02

国産と外車のブレーキローターのなにが違うか言うと、
ブレーキローターが減るか減らないか?

国産のブレーキローターって減らないんですよ。パッドの方が柔らかいため。
10万キロももってしまうことが当たり前とされています。

逆に外国車のブレーキローターって、ガンガン減る。
パッド一緒に削れて薄くなっていく。大体2回に一度はローターの交換を考えた方がいいくらいローターも削れていきます。

そしてブレーキダストが激しいということ。

ブレーキダストを出すブレーキはホイールを汚すからいけないなどというのはアンチです。

本当に効くブレーキというのは、ローターとパッドが一緒に削れていき、ブレーキダストが出るブレーキです。

ブレーキローターって消耗品なんですよ。
そう考える人は少ないんでしょうが、良く効くブレーキの車に乗っている人はローターは消耗品だと思っています。

当然ブレーキパットの交換をおろそかにしてくと、パッドの摩材がなくなってローターを一気に削ってしまいます。
spr-7-03

そしてあまり言われていないのが、ローターは錆びるということ。

spr-7-04
こんな状態では、ブレーキパッドの三分の一しかローターに接触していない。

ブレーキローターは定期交換部品なのですよ。研磨すれば使えるけど、新品と研磨では信頼性も違う。研磨すれば薄くなるからいつ割れるかわからない。

ローターが錆びたらブレーキング時にABSが働いたみたいにブレーキジャダーが発生して不快です。

思い切って錆びてしまったらローターも新品にたまには交換してあげましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする