クラッシュハイトとは?クランクベアリングキャップの締めしろ

クラッシュハイトとはクランクシャフトベアリングのベアリングキャップを締めるときの締めしろになる部分です。

クラッシュハイトが小さすぎると、ベアリングの密着が不足して熱伝導がうまくいかなくなりクランクシャフトが焼きつきます。

word-c0-ka19-01

逆にクラッシュハイトが大きすぎるとベアリングが波打って締めつけられて早期破損の原因になります。

クラッシュハイトは適正でないといけません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする