MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

マスターシリンダーのOHはなかなか大変だ

time 2015/06/25

マスターシリンダーのOHはなかなか大変だ

さすがに車は古くなってくるといろいろな部品が壊れてきます。
最近頻繁なのがマスターシリンダーのOH。
クラッチマスターだったりブレーキのマスターだったり様々。
このマスターシリンダーのOHは車によってはかなり面倒くさい作業になります。
マスターシリンダーは中身だけのインナーキットを交換するか、それともアッセンブリーで一式換えるかに別れます。

sb-log369-01-1

シリンダーの中身が腐食してればアッセンブリーでの交換になります。
普通のセダンであればそれぞれのマスターシリンダーは、エンジンルームのバルクヘッド付近にあり作業はやりやすい。
しかしキャブオーバーの車になると、室内にあることが多い。
キャブオーバーのマスターシリンダーは大体メーターの下あたりにあることが多い。
たまに手も工具も入らない車なんかはインパネ外してメーター外して、上から攻めないといけない車もあり大変。
室内にマスターシリンダーがあると脱着時にフルードが車の中に垂れてしまう。
注意を払っても、多少はたれてくるので、あとの処理も大変。
ブレーキフルードは塗装を傷めるため、作業後はキチンときれいにしないといけません。
作業時の体制も閉所恐怖症の僕には苦しい作業になります。
本日のマツダボンゴはメーターまでは外さなくて良かったけどやはりやりにくかったなあ。
マスターシリンダーの交換は大変なのでした

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ