MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ユーザー車検のポイント

time 2015/02/04

ユーザー車検のポイント

ユーザー車検ネタが続きますが、MHOが何回かユーザー車検を受けた際に感じたポイントなどを
今回はネタにしていこうと思っています。
まず、書類などは自分で揃えるというのはユーザー車検なので当たり前。
整備士としていえることは、ユーザー車検に持ち込む前日か当日にヘッドライトの光軸だけは
民間の車検センターやテスター屋さんであわせてもらってください。ヘッドライトは2年間ほったらかしだと
殆ど狂っています。これはあわせていかないと駄目。

user-syaken-point1

初めて車検
これは殆どやることなし。一応タイヤの溝が1,6mmあるか、それとフロントガラスと運転席と助手席のガラスに
何か張っていないかを確認。初めての車検はどこかぶつけたりしていない場合はもう何もしないで
ライトだけ合わせればそのままいけると思います。

2回目車検(5年経過)
車検で検査するのはサイドスリップやヘッドライト、ブレーキ、スピードメーターなど。2回目車検でも7,8割がたは
ヘッドライトの調整くらいでいけると思います。MHOが持ち込んだのは7年目の車両ですが、
ライト調整くらいでした。各電球が切れていないか確認。

3回目車検(7年経過)
この辺になってくると怪しくなってきます。この位になって来ると下回りを確認した方が無難。
オイル漏れや水漏れがおこっていないか?各ブーツがやぶけていないか?マフラーに穴はないか?などなど。
各電球も切れている可能性があります。

4回目車検(9年経過)
ユーザー車検もこの位になって来ると何が原因で落とされるか分からなくなってきます。
距離をあまり乗っていないならいいんですが、1年に1万キロくらい乗る人は一通り見たほうが無難。
お勧めは12ヶ月点検をうけること。これなら基本料金1万円くらい。整備士に車検で引っかかりそうなところを
ピックアップしておいてもらうのが良い。ドライブシャフトのブーツも切れているかもしれない。

5回目車検(11年経過)
エンジン自体の排気ガスなどもやばくなってきている可能性大。
ユーザー車検を5回連続で通すにはやはりソレ相応の整備知識があったほうがいいと思います。
やはり一度整備士に見てもらったほうがいい。下回りにガタが発生している可能性あり。
下回りは綺麗に洗っていって、各電球などきちんと確認。

スポンサードリンク

と、こんな感じでしょうか?さすがに13年10万キロ走行のカプチーノをユーザー車検で持ち込むというのは
勇気が要ります。自分で一度リフトに上げて分解して、ガタなどを確認した上なら、
ユーザー車検に持ち込めるけど・・・
ユーザー車検の基本はヘッドライトの光軸をあわせること、それと各電球が切れていないか確認すること。
これだけは初車検でも必ず行いましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ