バルブサージングとは? 高回転で異常振動を起こす現象

バルブサージングとはエンジンを高回転で回したときに、バルブスプリングの動きが追いつかなくて異常振動を起こす現象です。

バルブスプリングの端を急に圧縮すると、各コイルが順次圧縮されていきその力が反射して起こる圧縮波となります。この周期とカムシャフトによる圧縮周期がシンクロするとサージングと呼ばれる異常振動を引き起こします。

バルブサージングが起こるとバルブスプリングが破損することもあります。
バルブサージングを防ぐために、不等ピッチのバルブスプリングを組み込んだりします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 石野一郎 より:

    初めまして。「バルブサージング」で検索したら二回目でヒットしました。この意味が知りたくて検索です。動画の「Rocky Auto」の渡辺社長がインタビューを受けていたとき、「うちの車は、例えばバルブサージングを起こしたとしても、それでも快適に走れる車です」とおっしゃっていました。どうしてもこの言葉の意味が知りたくて検索した次第です。これから、ちょくちょくお邪魔したいと思いますので、どうぞよろしく。

    • MHO より:

      サージングを起こしても快適に走れるという意味がなんとも難しいですね。社長さんがおしゃっている真意は、うーん難しい・・・。そんなこと可能なんですかね・・