MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

充電警告灯

time 2015/09/08

充電警告灯

w-lamp-8-01

このバッテリーのマークをした警告灯は何か?

これは充電警告灯です

車には様々な電気が使われており、燃料噴射をしたり燃料ポンプを動かしたり、
今のインジェクションはバッテリーの電力なしでは車は動きません。

ですが、バッテリーがからになったら走行ができなくなってしまうので、オルタネーターという交流発電機を
備え付けて、エンジンの駆動でオルタネーターを回して発電してバッテリーに充電をしています。

その充電系統にトラブルが起こったときに点灯するのが充電警告灯です。

充電警告灯が点灯する原因はただ一つで、バッテリーへ適切な充電がされていないということになります。
この警告灯が点いたら、あとはバッテリーに残っている電気を使い切ってしまえば

走行不能に陥ってしまう厄介な警告灯です。

原因として考えられるのは、オルタネーターの故障。

もしくはオルタネーターベルトの破損といったところでしょうか?

w-lamp-8-02
オルタネーターベルト。亀裂が入ったら早期交換をしましょう

~対策~

とりあえず対策として考えられるのは、この充電警告灯が点灯したら、エアコンやヒーターなどを止める。
オーディオもできれば止める。とにかく電気を使わないようにします。

バッテリーが元気な状態であれば、走行不能になるまでに最寄りの整備工場へすぐに向かいましょう。

もしバッテリーがヘタっているものであれば、ヤバイところで止まらないように
安全なところに車を止めて、整備工場へ連絡してレッカーを要請します。

この警告灯で僕の親戚は2回も走行不能に陥りました。
充電警告灯のお世話になりたくないのであれば、きちんとしたスパンでオルタネーターのベルトを交換すること。

w-lamp-8-03
オルタネーター(発電機)。新品は高価なので再生品のリビルトに交換するのがオススメ

10万キロを走破したならオルタネーター自体をリビルト品などへ交換すること。

この2つを気をつけていれば、そうそう充電警告灯の被害に遭うことはありません。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ