【驚愕】ワコーズのCORE601を入れたら、燃焼室の変化が凄かった

前回WAKO’SのCORE601という燃料添加剤を入れました。

WAKO’Sにはフューエルワンやフューエルツーという燃料添加剤がありますが、CORE601はそれらの2倍の価格です。

究極の燃料添加剤とWAKO’Sはアナウンスしています。

それなら試してみるしかないでしょう!ということで、入れてみたんです。

今回はその答え合わせです。

CORE601をいれて、ガソリンが空っぽになるまで走りました。

どのような変化があったのか?

まず、レビューなどで書かれている、トルクが太くなったとかパワーが上がったということについてどうだったか?

これは、僕は山道を走ってはみたものの体感は出来ませんでした。高速道路を走ってみればよかったかな。

いわゆる僕個人の感想では、その車の前回まで引き出してみないとCORE601のおいしさや恩恵っていうのは体感できないのかもしれない。

普段乗りでは明らかにオーバースペックの添加剤なんじゃないかなと。

CORE601を入れて、燃焼室の変化はどうか?

続いては燃焼室の変化です。

CORE601にはフューエルワンのような燃焼室をクリーンにする効果もあるようです。

まずは入れる前の燃焼室を見てください。

まあまあ真っ黒ですね。

これがどう変化するか?これは、先に答えを書くと、なかなかですよ。

予想以上に奇麗になっています。

見事にピストントップが見えるくらいカーボンが落ちています。

ピストンの刻印も読めるくらい。

実質の走行距離は240km弱です。

山道を走ったりはしたけど、そこまで高負荷を与えて回したわけじゃないのに、ここまで汚れが落ちてきて来ます。

こんなに効果が即効ででるのはフューエルワンよりも早いと思う。最強の燃料添加剤の名前は伊達じゃないなと。

これだけ見ても、たまに入れる意味はあるんじゃないかなって。

今まで使ってきた燃料添加剤の中では、一番ですね。すごいと思った。

ただ、値段がお高いので、入れる時は気合が必要です。

シェアする

フォローする