草刈り機の刃(チップソー)交換!エコーのEGT220!DIYで1000円弱!

家で使っている草刈り機。ECHOというメーカーのEGT220というものになります。

この草刈り機を数年前に買って、家の庭と実家の庭の草刈りをしています。

選んだ理由は、ホームセンターで一番安く買えるもので、そこそこ名の通ったメーカーだったからです。

今日はこの草刈り機の刃を交換してみました。

ホームセンターに行ってみたら、まだこのEGT220というモデルが販売されていたのでご参考までにしてください。

下の商品は上位モデルですね。それでも2万円台前半です。

草刈り機は2017年に買ったので、かれこれ5年間愛用しています。

ECHO 刈払機 EGT240DX

ECHO 刈払機 EGT240DX

22,766円(07/03 16:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

安いけどまだまだ十分使えます。

EGT220のチップソー交換

草刈り機の刃の交換っていうと、怖くて難しいイメージがあります。

しかしながら、作業自体は非常に簡単に交換ができます。

草刈り機を買ったときに付属してくる工具だけで作業が可能です。

まずは、刃の周り止めをします。

草刈り機を斜めにして、この位置に合わせます。よく見ると回り止めの穴が開いているのが分かります。

刃を手で回して、本体との穴が一致する位置に来たら、付属している六角レンチを差し込みます。

この状態にすることによって、刃が回らなくなります。

付属のレンチで、刃のネジを緩めます。

気を付けないといけないのは、草刈り機の刃を固定しているネジは逆ネジになっています。

通常のネジなら半時計回りにネジを回して緩めますが、草刈り機の刃は時計回りに回して刃

を緩めます。

ネジ緩めたら外します。

カバーも外す。

続いてプレートが出てきますので、こちらも外す。

これで本体から刃を取り外すことができます。

外した状態です。

新品の刃の向きを外した刃の向きと合わせてカバーを付け替える。

逆の手順で組んでいきます。刃をセット。

プレートとカバーを付けて、ネジを締めます。

この時締め付け方向は半時計回りです。

これだけで刃の交換は終了。簡単です。

刃がピカピカです。

 新旧比較すると、チップソーのチップがずいぶんと丸くなくなっているのが分かりますね。

石とかに当たっちゃうと、チップが削れてなくなっていってしまうんですよね。

すると、切れ味が悪くなります。

チップソーなんて安いものだから、シーズンごとに交換してもいいくらいです。

山善 草刈用 チップソー 外径255mm×40枚刃 2枚組 YT2-255

山善 草刈用 チップソー 外径255mm×40枚刃 2枚組 YT2-255

1,053円(07/03 16:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

EGT220のチップソーの交換でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする