WAKO’Sのフューエルワンを入て、エンジン内部がすすけた後2500km走った現在の状態は?

YouTube動画でアップロードしたものですが、今日改めてどうなったか経過観察してみました。

時系列にしてふりかえってみます。

走行距離5万キロ弱の1NZにワコーズのフューエルワンを添加してみたんです。

フューエルワンという添加剤は、WAKO’Sが販売している燃料添加剤の中ではトップクラスに評価の高いものになります。

添加前のエンジン内部がこちらです。走行距離5万キロ弱の1NZ、ピストントップの状態です。思った以上に奇麗でビックリしました。

このピストンを見て、YouTubeには「汚いピストン」というコメントも多数記載がありました。とりあえずこのピストンがどのように変化したか?

フューエルワンを添加した後、燃料が空っぽになるまで走って、再び燃焼室を撮影したのがこちら。

どうでしょうか?ピストントップがものすごく汚れています。

僕が個人的に思った感想は、フューエルワンが効いてインジェクターから噴射されたガソリンとフューエルワンが吸気ポートや燃焼室のヘッド側を奇麗にしてくれた。

そのゴミがピストントップへ付着している。

つまり、フューエルワンはきちんと仕事をしてくれていると思っています。これについてもYouTube動画ではみなさんいろんなコメントを寄せてくれています。

あれから燃料添加剤の類は何も入れていません。

今日、改めて燃焼室の状態がどうなったか撮影してみました。

フューエルワン添加後2600km走行後の燃焼室の状態

フューエルワンを入れて、2608km走行した後再度燃焼室をカメラで撮影してみました。

これは!と思った。驚きましたね。

前回の状態から明らかに奇麗になっているのがわかります。

ピストントップの地肌がきちんと見えてきています。燃焼室へ落ち込んだゴミが燃えて、エキゾーストバルブから排気側へ排出されたということですね。

おそらくもうしばらく走行すれば、最初の状態にもどるのではないかと予想できます。

このことからWAKO’Sのフューエルワンという添加剤は、燃料タンクから注入することにより、燃料ラインを洗浄後インジェクターから噴射。噴射された周りの吸気ポートからインテークバルブなどに付着したカーボンデポジットを洗浄。

それらが燃焼室へ落ちて、最終的には燃焼過程でエキゾースト側から排気されていく。

きちんと効果のある添加剤だということがわかりました。

一旦ここでフューエルワンは使用をやめて違う添加剤を入れてみます。

AZ FCR-062燃料添加剤を添加

今度はネットで比較的安価に購入ができるAZのFCR-062を試してみます。

こちらは入れてみた感じ、フューエルワンよりも粘度が固い気がします。トロトロした液体ですが、どのように変化するのかが楽しみです。

またガソリンが空になるまで走った後、燃焼室を撮影してみます。

効果はあるかな?

とりあえず、燃料添加剤で一押しはフューエルワンで間違いないと太鼓判を押せるようになりました!

シェアする

フォローする