汚れたピストンをワコーズのフューエルワンに半年弱漬けておいたらどこまで奇麗になった?

検証結果を今日はお届けします。

今年の4月からとある実験をしてきました。

それはエンジンブローした2サイクルの草刈り機を分解して、ピストンを取り出し、そのピストンをフューエルワンに漬けこんだらどうなるか?というもの。

棚落ちしているピストンのみを取りだして、燃料添加剤で定評のあるフューエルワンの原液に漬けこんでみる。

このピストンがどこまで奇麗になるのか?

本来ならばフューエルワンはガソリンに混ぜて使います。しかしながら原液に直接漬け込んだらどうなるのかというところに注目してみました。

フューエルワンに漬けこんで半年以上経過した結果

実に半年以上放置していました。今回が最後の検証としたのは、この実験ビーカーをたびたびこぼされちゃったからです。

当初に比べるとその量は半分以下になっています。

最後はネコにこぼされてしまった。危ないので、撤去することにしたんです。

そしてその気になる結果は?

ビーカーから引き上げて、パーツクリーナーで奇麗にしてみます。

ピストントップの汚れは完全に落ちていませんでしたが、そのほかに至ってはほぼ奇麗になっていた。

恐らくですが、ピストントップの汚れもひたすらかき混ぜるなどしていたら、奇麗になったんだと思います。

汚れは拭けば少し落ちましたからね。

原液に漬け込むだけでここまで奇麗になるとも思っていませんでした。

やはりPEA配合の燃料添加剤は違うなと。

もし、燃料添加剤を買うのならワコーズのフューエルワンをお勧めします。

奇麗になりますよ。

実際に動画でもご確認ください。

シェアする

フォローする