直噴エンジン搭載のNDロードスターにワコーズのCORE601を入れてみた

ND型ロードスターを新車から乗って、早いもので7万キロ近くまで走行距離が伸びています。

今までいろいろな燃料添加剤を試してきましたが、ここらでワコーズの最強と呼ばれる燃料添加剤、CORE601を試してみようと思います。

CORE601を入れる前に、現在の状況を整理しておきます。

走行距離は69775kmです。

毎回のように燃料添加剤もいれています。ちなみにNDロードスターのエンジンって、直噴エンジンです。

プラグを外して燃焼室の状態をチェックします。

いつものようにWi-Fiの内視鏡でエンジン内部を見てみます。

こちらが一番シリンダーの状態です。

直噴ですが、毎回のように燃料添加剤を入れているので、奇麗な部分もちゃんとあります。

一応二番シリンダーも見てみました。

二番が圧縮上死点付近まで上がってきていたので、こんなものしか撮影できませんでした。

CORE601を投入

ロードスターの燃料タンク量を考えると、満タンで1本添加でちょうどいいですね。

というわけで、CORE601を添加。これでしばらく走って、どのような効果が出るのか

CORE601投入後、約700km走行してみて

69700km弱でCORE601を投入して、700kmほど走りました。

気になる燃焼室はこのような変化をしました。

この手の燃料添加剤を入れ続けて、初めてですが、ピストン頭頂部が湿っているというよりは濡れています。

現在進行形で濡れています。かなり強力にカーボンデポジットを溶かしているのか、ここまで液体がかっているのは初めて見ました。

同じように1番シリンダーと2番シリンダーを撮影しています。

走行は、全体的なトルクアップを体感できた。イメージ的にいつもより高めのギヤを選択してもグイグイ引っ張ってくれるような感じです。

街乗りと高速道路を走ってみた結果、フィーリングは良好でした。

入れてみての感想を統括してみると、普段使いにCORE601を入れるには若干オーバースペックに感じます。

というのも、費用対効果を考えるとフューエルワンの方がいい。

そもそもCORE601という最強燃料添加剤をつかうのならば、サーキット走行に行くとか相当負荷を車にかける時。

ワコーズ CORE601 究極のガソリン燃料添加剤 305ml C601

ワコーズ CORE601 究極のガソリン燃料添加剤 305ml C601

4,230円(05/23 21:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

街乗りや高速ベースくらいでは、オーバースペックです。

もともとノッキングを起こしやすいエンジンなどには、試してみるのもいいと思います。健康なエンジンに、街乗りでCORE601を入れるのは、費用対効果としてあってないのかなと。

YouTubeもやっています。いろんなグッズを試したり、実験を車でしていますのでよかったらチャンネル登録お願いします。

MHOちゃんねる

サブチャンネルの2本目の動画、完成して公開しました。チャンネル登録お願いします。

MHOえんぢにありんぐ – YouTube

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする