トヨタの一部車種はブレーキフルードがDOT5.1になってきている件について

これは知らなかったんですが、トヨタの一部車種にはブレーキフルードが従来のものではない、DOT5.1を採用している車がありました。

これは技術情報の冊子で僕も初めて知ったんです。どうして大衆車にDOT5.1を採用しているんだろうかなと。

トヨタではアルファード、ベルファイヤにセンチュリー。2022年2月以降のモデルです。レクサスは多いです。IS300h、LC500、LC500h、LS500、LS500h、RC300hです。

確認したことがなかったですが、2022年の新型シエンタはどうなっているのか?

見てみました。

DOT5.1になっていると、キャップの色が黒っぽくなっているようです。

現行の新型シエンタはDOT3または4になっているので従来通りですね。

DOT5.1が採用されているのは、価格帯が高い車種だったりヘビー級だったりです。

そもそもDOTの数字を上げるとどうなるか?わかりやすいのが沸点があがるということです。

沸点があがるとどうなるか?例えば、下の山道でずーっとブレーキを踏んでいると、どんどんとブレーキが加熱します。

その熱をブレーキパッドからキャリパー、フルードへ伝達されていくわけですが、沸点が低いとブレーキフルードが沸騰しますよね?

フルードが沸騰すると、エアが噛み込んでしまうので、ブレーキのペダルフィーリングが著しく変化します。ふわふわだったりスカスカになるんです。

ブレーキって水鉄砲と同じ原理で、パスカルの原理をつかっていますので。いわゆるベーパーロック現象を抑止するには沸点が高いブレーキフルードを使うことが有効だと。

しかし、沸点が高いフルードは吸水性もあがるので、劣化しやすくなるという側面もあります。加えてDOT5.1は低音流動性も考慮されているので、寒冷地の車にもしばしば使われています。

DOTの数字が高いほど性能は上がるけれど劣化が早い。つまり車検ごとには必ず交換しないと、フルードの性能が落ちてしまいます。

他の車種にも今後採用するかわかりませんけど、整備で入ってきた時は要チェックですね。

(STRAIGHT/ストレート) ブレーキブリーダーボトル 19-589

(STRAIGHT/ストレート) ブレーキブリーダーボトル 19-589

2,270円(04/14 21:30時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする