ハイエースのエンジン不調でインジェクター交換!びっくり40万コース!

トヨタのハイエースで、KDH206という型式のものです。

エンジンが吹けないという事で入庫してきました。

まずエンジンチェックランプが点灯。コードを読み取るとたくさんでてきます。

P0201、P0203、P0204。EDU異常。

P1604始動不良、P1605アイドル不安定、P1608エンジン出力不足。

冒頭のP021~P0204というのはインジェクタの不良コードです。

診断を進めていくと、どうやらインジェクタが不良のようです。一応データモニタでインジェクタの噴射補正を見ても、数値が大。

どうしてインジェクタが駄目になるのか?これは長年使ってくると、インジェクタ付近に汚れやらカーボン・スラッジ・ススなどが堆積してくるからです。

孔を塞いでしまい、必要な燃料を噴射できないという状況に陥るわけですね。アイドリングは普通にしていても、思い切り負荷をかけたりアクセルを踏み込むと吹けなかったり。

明らかに出力不良につながります。

ハイエースのインジェクタは1本51800円

この1KDに使われているコモンレールを構成する部品ですが、なかなかに高いです。

インジェクタが1本51800円。4気筒なので4本使われています。

サプライポンプは124000円と非常に高い。

コモンレールASSYも54600円。

工賃も結構すごいです。整備指数をみるとコモンレールインジェクタ1本交換で4.8時間。

コモンレールASSY交換で3.5時間。

サプライポンプの交換で4.6時間と設定されています。

どれも単体での交換を想定にした指数なので、まとめてやればそこまで工賃はかさみませんけど、単純にインジェクタを4本交換するとなると40万円規模の修理になります。

全てのハイエースが同様の故障になるかというと、もちろんそうではありません。予防するにはどうすればいいのか?

一番効果があるのはインジェクタの洗浄だと思います。

専用の燃料添加剤を入れてあげるだけでも、何もしないよりはましです。

ハイエースを得意としている工場なら、インジェクタの洗浄をしてくれるメニューもあります。ある程度の距離を走ったら都度インジェクターの清掃をしてもらえばいいのではないかなと。

今回はサプライポンプ、コモンレール、インジェクタまで全て交換しました。それはもう、凄いですよ。60万円オーバーの修理代となりました。

燃料添加剤と燃料フィルターもまめに交換するのが望ましいですね。

ディーゼルは燃料が命です。

YouTubeもやっています。毎週金曜の20時に動画を上げてるので、よかったらチャンネル登録お願いします。

MHOちゃんねる

シェアする

フォローする