CX-8は果たして売れるのかどうか?を考えてみた

CX−8が発表になりました。

CX−5をベースに車体を伸ばして3列目シートを搭載!

果たして売れるか?エンジンはスカイアクティブDの2.2のみという設定。エンジンはまあスカイアクティブDの一本でいいと思いますね。

スカイアクティブXが搭載されればどうかはわからないけれど、あの車体ではディーゼルじゃないと燃料コストが相当かかってしまいます。

3列シートでスライドドアではないSUV。ライバルに当たる車は見当たらないけれど日本で受け入れられるか?これがミニバンだったらそこそこ需要はあると思いますけどね。

日本市場だとどうしてもミニバンが好まれるきらいがありますから。

そもそも3列目シートは実車を見ていないけれど、やっぱり狭いわけですよ。ミニバンだと3列目シートもゆったりと座れます。天井が低いっていうのはかなりの圧迫感があります。昔乗っていたFD3SのRX−7で知り合いと大の大人4人で乗ったことがあります。

あれはもはや超地獄でした。いくら4人乗りとはいえ、大人が4人乗れるわけがない室内空間(笑)。

逆に180SXは天井がFDよりも広いので、なんとか我慢して乗ることができました。そんなことを思い出しました。

CX-8はそれでは一体どういう人たちに支持されるか?

僕がイメージする所では、ある程度高級層の人で核家族。6人や7人でのる機会はほとんどない人たち。それこそ6人家族や7人家族だと、子供達が大きくなったら3列目シートだと窮屈になってしまう。

子育てもある程度終わった層かな?子育て満載な人たちはミニバンを選びますからね。価格もファミリー層をターゲットとするにはやはり高いですからね。

最近のマツダ車は価格がどうしても高目に設定してきてますね。エンジン技術はかなりいいものをもっているんですけど、プレミアム路線を狙ってきてるから。

マツダディーラーって、他の国産ディーラーに入るよりも高級感すごくて入りにくい(笑)

試乗車などに乗る機会があったら、実際に乗ってみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)