ドラックリンクブーツの交換

トラックなどのステアリング機構に、ドラックリンクと呼ばれている機構があります。ドラックリンクにはやはりボールジョイントが存在して、そこにはゴムのブーツで水の混入を防いでいます。

今回このドラックリンクブーツを交換したので参考までにご紹介したいと思います。

d-link-boots1

これがドラックリンクと呼ばれる機構です。では早速ドラックリンクのブーツを交換したいと思います。

d-link-boots2

見えにくいんですが、まずは割りピンを外す。

d-link-boots3

つづいて特殊なネジを緩めます。

d-link-boots4

こんな感じでノーズプライヤーで回していく

d-link-boots5

これがドラックリンクを固定している特殊なネジ

d-link-boots6

次にスプリングが出てきます。

d-link-boots7

引っ張りだします

d-link-boots8

このスプリングと上のピンでドラックリンクを固定しています。

d-link-boots9

これでドラックリンクを引っこ抜く

d-link-boots10

これが問題のドラックリンクブーツです。今回は破れていたという訳ではないんですが、ブーツが固くなって変形していたから。ボールジョイントをうまく保護出来ていなかったので交換する事にしました。

d-link-boots11

新しいブーツを挿入します。

d-link-boots12

あとはドラックリンクを合体させます。

d-link-boots13

あとは組み付けて完了です。最後にグリスニップルからブーツの中に満タンにグリスアップすれば終わり。

グリアップ用のシャシグリス。

グリスガンです。中にチューブグリスを入れて使います。

スポンサードリンク

こういった車にとってグリスアップというのはとても大切な役割をします。グリスアップをしないといけない部分にはグリスニップルが付いているので、定期的にグリスアップをしましょう。そうすることで、ボールジョイントや各部のリンクを保護できます。

グリスアップも大切な整備なので、こまめにグリスアプしてあげるようにしましょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする