フィットHV ブレーキフルード(ブレーキオイル)交換手順

fithv-gp5-bfc

ホンダのフィットHV(ハイブリッド)のブレーキフルード交換は電子制御ブレーキだけに、大変なのかなと思っていたんですが、先日整備振興会の技術講習でその手順を教えてもらったのでお伝えします。

結論から書くと、プリウスのように難しくはないということ。

それではいってみましょう。


フィットハイブリッド ブレーキフルード(ブレーキオイル)交換手順

1、POWERスイッチONにして(IG ON)

フロント右側→フロント左側→リヤ左側→リヤ右側の手順で通常通りブレーキフルードを交換する。

(この手順でタンデムモータシリンダ内のブレーキフルードを交換しています)

2、POWERスイッチOFFで3分間待つ(3分経過後、ドアを開けたり閉めたりしないこと)

3分経過したら

フロント右側→フロント左側→リヤ左側→リヤ右側の手順で通常通りブレーキフルードを交換する。

(この手順でペダルフィールシミュレーター内のブレーキフルードを交換しています)

3、電動サーボブレーキ警告灯消去作業をおこなう

POWERスイッチをON (IG ON)で、ブレーキペダルを踏み込んで3秒間保持します

スポンサードリンク

以上でフィットハイブリッドのブレーキフルード交換は完了になります。ちなみにアコードハイブリッドではこの方法は使えません。専用診断機が必要になるそうです。

補足として、POWERスイッチOFFで3分放置した後、ドアを開閉してはいけない理由として電動サーボブレーキシステムがシャットダウンしたままにするためです。ドアを開閉するだけで電動サーボブレーキシステムが起動してしまいます。もしドアを開けてしまったらそこからまた起動時間が3分間延長されますので注意が必要です。

GP5、GP6のi-DCDのフィットハイブリッドです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする