車使われているゴム部品は劣化してきたら一気に交換するのがいい

車の足廻りにはいろんなアームやらロッドやらでつながっています。
構造いかんによっては走行中劣化やサビなどでジョイントが抜けてしまうなんてケースがよくあります。
街中でタイヤがとんでもない方向を向いているワゴンRなどを見ると、
「ああ…ロアアームのボールジョイントが抜けちゃったな」
などと思ったりします。

sb-log395-01

そしてそこを接続する部品にはゴムで衝撃を緩和させていることもままあります。
先日お預かりした三菱コルト。段差を乗り上げると突き上げの異音が発生する。
連休前には使いたいてなわけでリフトアップしたら判明。
スタビライザーのリンクロッドのブッシュが片側なくなっていた。
普段ゴムで衝撃を緩和する部分がブッシュがなくなり、金属同士が直接接触していた。
一応、ロアアームの損傷とスタビライザーの状態を確認したけれど問題ないので
リンクロッドを交換。完治しました。
普段聞き慣れない音が発生しているとき、それはやはり何かのシグナルだと思ったほうがいい。
コルトのオーナーは女性でしたが、的確な判断だったと思います。
あのまま走ればロアアームにも傷が広がったことでしょう。
特にロアアームのボールジョイントが下から上に刺さってある車は要注意。
フロントの足廻りはステアリング操作を不能にしてしまうため特に定期的に点検をしましょう。
もしタイヤレバーなんかでジョイントをこじってみて、ガタが発生したらすぐに交換しましょう。
パサートやA4などは距離がきたら一気に全部交換しましょう。タイロッドと
アッパーアームがガタガタになっているのが多いですよ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする