ヒーターが効かない車の原因

故障ってわけじゃないんだけど、冬にヒーターを効かそうとすると効きがイマイチ良くない。
もしくはなかなかヒーターが効いてこない。これはいったい何なのかをちょっと考えてみました。
通常車のヒーターって言うのは冷却水の熱を利用している。エンジンを冷やすための冷却水が熱を持ってそのまま室内のヒーターコアへと導かれて熱交換されて、ブロアファンにて室内へ温風を送風するというのが仕組みだ。

このヒーターが効かないっていうのはどういう車かを考えてみた。まずはトラックなどに代表されるディーゼルエンジン。もうタイミングベルトを交換してウォーターポンプを一緒に換えたときクーラントを抜きかえるけれど、なかなかヒーターが効かなくていらいらしてくる。特に冬なんて駄目。
どーしてなんだろうと思ったんですよ。でも理由はシンプルに考えると分かった。

sb-log736-01

ヒーターが効かない車って言うのは水温が上がりにくい車とも置き換えることが出来るわけですよ。
何故水温があがらないか?それは、エンジンの熱効率がいいからということに他ならない。
つまり、すぐにヒーターが効いちゃうエンジンというのは意図的に冷却レイアウトやサーモスタットで行っている場合を除き、無駄がおおいエンジンだということですね。

逆に、冷却水がなかなかあったまらないエンジンというのはヒーターが効かない。冷却水がなかなかあたたまらないエンジンというのは、熱効率がいいわけ。つまり、無駄のないエンジン。
燃焼した熱を殆ど出力としてつかえている。無駄があるエンジンは熱エネルギーを上手く使えていないからエンジンが熱くなってすぐに冷却水が温まると。

冷却水が温まりにくいエンジンの例外として、レイアウト的な問題があります。たとえばRRだったりMR。
これはエンジンが後方にあり、ラジエターやヒーターコアは前方にある。その間を長いヒーターパイプでつなげている。冷却通路が長いからなかなか暖まりにくい。これはエンジンの熱効率云々の問題以外のケース。
そして話をかえるとトヨタのプリウス。これはガソリンエンジンにしては熱効率がいいエンジンだと振興会で聞いた。つまりプリウスもヒーターが聞きにくい車なんだそうです。

余談でしたが、ヒーターが効かない車の理由でした。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりもはるかに熱効率が優れているエンジンなのです

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)