あると助かる工具

この前自宅に行って、出張で整備をしてきました。整備の内容は、フロントとリヤのブレーキパッドの交換とタイヤの交換でした。タイヤは前々から組んであった夏タイヤへの履き替え。
ブレーキパッドを交換するために、タイヤ交換を見合わせていたというわけですね。2度手間になるよりは一緒に行ったほうがいい整備だからですね。
僕はプライベートではロクな工具を持ち合わせていない。いざって言うときにとても困るんですよね。
リヤのブレーキパッドを交換するときに、ピストンを押しながらまわして戻すタイプだったんですが、手持ちのプライヤーではつかめない。

sb-log635-01

そこで、実家にあったウォーターポンププライヤーを使いました。これならがっちりとつかむことが可能。
そして、フロントのブレーキパッドのピストンを戻すときも同様にウォーターポンププライヤーを使いました。
タイトルのあると助かる工具というのは、ウォーターポンププライヤーではなくて、トルクレンチ。
実家には親父が昔買っておいたトルクレンチがあった。これを使ってホイールナットをきちんと締め付けたというわけですよ。トルクレンチはやはりあると助かる工具だ。
ホイールナットはタイヤを交換したあとに100kmくらい走行したら増し締めをしないといけない。
ちょっと走ると緩んでしまうことがあるからだ。特にアルミホイールがそう。
規定のトルクで締め付けるととりあえずはセーフ。やっぱりトルクレンチがあると違うなぁと思った。
トルクレンチはいろいろな整備で使えます。12,7角のソケットしか使えないけれど、それを9,5角に変換するアダプターを使えば、いろいろなシーンで使えることは間違いないですからね。
あると助かる工具はトルクレンチだと思った一日でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)