オイル交換の正しい手順を復習しておこう!

エンジンオイルの交換はDIYで行う入門的なメンテナンス。今でもオイル交換を自分でやってる人が多いんじゃないかなと。

そこで、エンジンオイル交換の正しい手順というものを改めて復習しておきましょう。

オイルを抜く前にゲージを確認する

ここができていない整備士も多いのが事実ですが、まずは車のオイルレベルゲージを確認すること。なぜかというと、現在のオイルの状態や量を抜く前に把握しておく。これって結構大切です。

例えば、オイルの量が減ってしまうエンジンであれば走行距離に対してどのくらいの量が減るかを確認できる。むしろしないとまずい。

特に、最近のクリーンディーゼルはオイル量は必ず遵守しないといけないから、まずは平らなところでレベルゲージを確認して、現在のオイル状態を把握しましょう。

リフトアップのち、ドレンボルトを外す

オイルパンがアルミの場合、ドレンボルトの取り扱いは慎重にしましょう。自分でもともと交換しているものであれば大丈夫ですが、違う場所で交換されている場合オーバートルクで締め付けられてる可能性もある。

すると、オイルパンのネジ山をダメにしてしまう可能性があるので注意が必要。ネジを緩める段階でいつまでもネジに抵抗がかかってくる場合、ネジ山を損傷してる可能性があります。

手応えでこれはまずいなぁと思ったら、引き返す勇気必要です。ヘリサートなどそのあとの処置をできない場合はオイルを抜くのをやめましょう。

もしネジ山を舐めちゃったらタップボルトを使えば大丈夫。

オイルフィルター交換時にはオイルをパッキンに塗布

オイルと一緒にフィルターも交換する場合、外すときはそんなに注意は必要ありません。ものすごく固く締まってると緩められない可能性もでてきますけど・・

オイルフィルターを外したら、取り付け面をきれいに清掃すること。

新しいフィルターのパッキン部にはオイルを塗ってから取り付けること。そしてオイルフィルターはきちんとしたトルクで締め付ける。

中身だけを交換するカードリッチタイプの場合、Oリングでオイルを封入しています。通常のフィルターよりもオイル漏れする可能性があるので、しばらく漏れてこないかチェックしましょう。

ドレンボルトを清掃してパッキンを交換

オイルを排出し終わったら、ドレンボルトのネジ山を綺麗にパーツクリーナーで清掃します。

オイルパン側のネジ山もさっとパーツクリーナーで清掃しておきましょう。

そしてパッキンを新品に交換して、ドレンボルトは規定トルクで締め付けること。

感覚で締め付けるのも自己責任ですけど、アルミのオイルパンはネジ山が舐めやすいのでトルクレンチで締め付けるほうが無難です。

オイルを入れたらしばらくかけて漏れを確認

これも基本ですが、オイルを入れたらエンジンをしばらくかけて漏れがないかを確認しましょう。

特にオイルフィルターを交換した場合、フィルターの部分からオイルが漏れてこないかを確認してください。オイルフィルターの部分は油圧がかかるので、パッキンがねじれていたりするとすぐに漏れてきます。

漏れてこなければ大丈夫。

オイルデータをリセットしよう

最後にオイルの量を確認して、必要な車であればオイルデータをリセットしましょう。マツダのスカイアクティブDやその他メーカー多数が、オイルデータのリセットを必要とします。

取り扱い説明書で確認してください。

まとめると

・オイルを抜く前にゲージを確認してオイルの状態と量をチェック

・ドレンボルトの取り扱いに注意

・オイルフィルター交換時には取り付け面を清掃・新しいフィルターのパッキンにオイルを塗布

・ドレンボルトを清掃してパッキンを交換・規定トルクで締める

・オイルを入れたらゲージで量を確認・漏れを点検

・オイルデータをリセット

と、こんな感じです。あと廃油はきちんとした処理をして引き取ってもらったり処理してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むきんぽ より:

    かつて、まだ自分が20代前半だった頃、エンジンオイル交換をガソリンスタンドに依頼していた事があった。
    その帰宅後、エンジンを切って待つ事10分。確認してみて顎が外れた。
    ゲージFよりも2㎝以上、ヒタヒタの満タンにして返してくれた事があって。
    すぐに店に乗り込んで抜いてもらった。おまけに、余分に入った分のオイル代は返してもらえないし。さすがに怒った。
    余分なブローバイを大量に吐き出させて、俺の大事な愛機を殺す気ですか??、と。

    余分のオイル代は話のネタと云う処理で良いとして、仮にもお代を取って作業しているなら、しっかりやれ、と。

    オイル交換は軽整備で手軽な分、平気で雑な作業をする人間がいる。

    俺は、MHOさんがここに示して下さっている正しい手順を遵守し、またこういった情報を適宜提供して下さる事に感謝しています。

    • MHO より:

      新人整備士が入ってきたら、オイル交換もちゃんと教えます。
      というのも、お客さんと会話をしていると車に詳しい人はよく聞いてくるんです。最初の量はどうだった?どの程度減っていた?と。
      さらに作業が終わった後、自らゲージを抜いて確認するツワモノもいるのです。量は厳守!