VW ゴルフ 1.4/103kW 他 改善対策情報 自動変速機制御コンピュータ不良

3月25日 VWのゴルフほかの車種に改善対策が出たのでお伝えします。

・内容 自動変速機(自動変速機制御コンピュータ)

一部抜粋

自動変速機制御コンピュータのプログラムが不適切なため、エンジン停止後、当該コ ンピュータ内の作動油温度が低い状態で、特定のイグニッションスイッチ操作を行っ た場合に、当該コンピュータがスリープ状態にならないことがある。 そのため、エンジン停止後も当該コンピュータに待機電流が流れ続けることで、最悪 の場合、バッテリーが上がりエンジンを始動できなくなるおそれがある。

・対策 全車両、自動変速機制御コンピュータのプログラムを書き換える。

・製作期間年月日 平成25年7月10日~平成26年7月18日

・台数 7601台(ゴルフ・ゴルフヴァリアント)

以上です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする