サウンドスコープを使ってみるととても便利であるということ

自動車整備に欠かせないアイテムの一つはサウンドスコープだ。特に僕はこのサウンドスコープが好きだ。
長尺ドライバーを診断部に当てて、耳を傾けてみるとサウンドスコープに近い音を聞くことが出来るが、実際にサウンドスコープを使ってみるとその比ではないことがわかった。
それ以来僕はサウンドスコープを多用している。

sb-log579-01

本日もサウンドスコープを使って診断した。何を診断したかというとベアリングの異音だ。
車に乗っていると一体どこの部分から響いているのかイマイチわかりづらいけれど、サウンドスコープを使ってみるとあっという間に場所が特定できるし、間違いが無い。
一度サウンドスコープを使ってみると病み付きになること間違いない。
長尺ドライバーでは正確な音を聞くことがなかなか難しい。初心者こそサウンドスコープを使うべきだと僕は思う。
エンジンの異音から、足回りの異音など、あらとあらゆる異音を聞き分けるには最適なアイテムがサウンドスコープである。
エンジン内部の異音など開けてみないとわからないような音であっても、ある程度外から
聞き分けることができる。それほど正確な音がサウンドスコープからは聞こえてくるだ。


皆さんもお一ついかがでしょうか?僕もこの前買いましたよ。サウンドスコープ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)