MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車の警告灯の色について

time 2015/09/02

車の警告灯の色について

w-lamp-2-01
車の警告灯をよく見ると、色分けされているのがわかると思います。

これはどういうことなのか?

 

信号機と同じようなものだと思ってください。

w-lamp-2-02

青や緑などの警告灯は点灯していても問題ないもの。警告灯というより表示灯の部類に入るものが多いと思います

w-lamp-2-03
次に黄色とかオレンジっぽい警告灯。これは俗に言う黄信号と同じ。
注意してください。何かしらのトラブルが発生しています。という意味合いになってきます。
実際に点灯するもののなかで多いのがエンジンチェックランプという、エンジンの電子制御の異常を伝えるランプ。
O2センサーやらいろいろなセンサーが壊れていますというのを車が教えてくれています。

w-lamp-2-04
最後に赤い警告灯。これは放っておくと重大なトラブルを起こすものになります。
赤信号ですね。赤い警告灯が点灯したら、すぐに原因を追求しないと重大なトラブルに見舞われてしまいます。

と、このように警告灯は色分けして、視覚的にオーナーに注意を促す効果も狙っているのです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ