MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

キャブチルト警告灯

time 2015/11/03

キャブチルト警告灯

w-lamp-63-01

これはトラックを触ったことがある人ならわかると思います。
キャブチルト警告灯(キャブチルトウォーニングランプ)です。

これは三菱のキャンターで撮影しました。

 

そもそもキャブチルトってなんだろう?

ステアリングにもチルトっていう機能がありますよね。高さというか角度を変えたりするあれです。
これがキャブに当てはめるとそのままになります。

トラックなどは、座席のシートの下にエンジンがあるのがほとんどです。
室内から、シートを持ち上げてエンジンを整備する車もありますが、大きなトラックになってくると、キャビンそのものが持ち上がる構造になっています

w-lamp-63-02
キャビンをチルトして持ち上げると、エンジンが丸見えになり整備しやすくなる

キャブチルト警告灯は単純にこのキャビンのチルト機構を見張っている警告灯になります。

~対策~

では、キャブチルト警告灯が点灯してしまったらどうするか?

w-lamp-63-03
これはもう簡単です。きちんとキャブロックされているかを点検してください。

キャビンをチルトするにはいくつかのロックを解除してレバーをもちあげますが、完全にロックされていないとこのキャブチルト警告灯が点灯します。

キャブがロックされていないのに走行すると大変危険なので警告灯が付いているわけです。

かなり大型のキャビンになると、人力でキャビンを持ち上げられないので、キャビンを持ち上げるアシスト機構がついています。

簡単に巨大で重いキャビンが持ち上げられるわけですが、それが走行中にロックされていないとなんかの表紙にキャビンが持ち上がったりして大変危険です。

きちんとキャビンがロックされているのにもかかわらず警告灯が点灯するときはセンサーなどが故障している可能性があるので、工場で見てもらいましょう。

物理的にキャビンがロックされていればとりあえずは大丈夫です。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ