エンジン異音に要注意!ダイハツKFエンジンで異音が出たら原因2つ

新年相当、エンジン音が最近変だから見てほしいと入庫してきました。

車はタントエグゼで、アイドリング音を聞いた瞬間になんとなく原因はわかりました。

アイドリングで明らかに打音がすごい。

エンジンを停止して、オイルレベルゲージを抜いてみる。

見事なまでにゲージにオイルが付いてこないです。

前回オイル交換をしてから2000km走っています。この車はターボ車なので、シビアコンディションで2500kmでオイル交換を推奨とされています。

しかし2500kmに到達する前にオイルがつきてしまう。

ダイハツの初期型KFエンジンって、2つのトラブルを抱えています。

1つ目がこのオイル消費。もう1つがウォーターポンプからの異音です。

オイル消費の原因はピストンリング不良によるオイル上がりです。

エンジンOHするか、オイル管理をこまめにするか

ご覧の通り、オイル漏れは一切ありません。全て燃えてしまっています。

直すにはエンジンをOHするしかない。

それは費用が高額になるので、載せ替えるのかそれともオイル管理をこまめにするのか。どちらかになるかなと。

殆どの人はオイル管理をこまめにするという結論に至っています。

オイルフィラーをあけると煙が出てきた。試しにこのエンジンでどの程度オイルが入るのかやってみました。

ゲージ8割に達するまで入れたオイルは2Lです。

2000kmでオイルが2Lも減ってしまったという事になります。1000kmで1L減る計算ですね。

僕が乗ってる車もそうですが、特に10年以上前のKF型エンジンはオイルチェックをこまめにしてください。

例えオイル消費していたとしても、オイルを補充しながら使えば問題ありません。

僕が乗ってるKFエンジンは、このパワーシールドを添加したらオイル消費がかなり改善されたので、悩んでいる人は一度試してみる価値があると思います。

シェアする

フォローする