エンジンオイルは純正を使う?社外のオイルを入れるメリットを考えてみる

お店でエンジンオイルを交換している人、普段自分がどんなオイルを入れているか知っていますか?オートバックスなどのカーショップでオイル交換をするときは、店頭に並べられている豊富なオイルから選ぶことができます。

それこそ種類が多すぎて目移りしてしまうくらい。

最寄りのディーラーでエンジンオイル交換をするときは、基本はメーカー純正オイルを使うことになります。

それ以外の整備工場では、その工場がお勧めのオイルだったり、特に銘柄はわからないけど安いオイルをいれてくれることもあるでしょう。

1リットル当たりの単価が変わってくるわけですが、エンジンオイルは純正を使うべきなのか?

純正オイルの最大のメリットは?

カーメーカー純正のエンジンオイル、最大のメリットは何か?これは信頼性。その車のエンジンを開発する時にベースとして使われたオイル。

新車時に充填されてきている、メーカーが性能を保証しているエンジンオイルがメーカー純正オイルです。当然この純正オイルを使っていて、保証期間内にエンジントラブルが発生した場合は保証になります。

エンジン内部の保証は5年です。もし内部から異音が出たりした場合、ディーラーにどのようなメンテナンスをしてきたかを提出しないと保証にならないことがあります。

ちゃんと12か月法定点検をしてきたか、オイル交換はされていたのか?使われていたオイルは適正なものだったのか?

メーカーとしては粗悪なオイルを入れて壊れてしまった場合、保証しかねないというわけです。

純正オイルを使う最大のメリットがここにあります。

社外オイルを使ってもいいのか?そのメリットは?

純正以外のオイルを社外オイルと一般的に呼びます。

社外のエンジンオイルをつかうメリットは何か?これはたくさんあります。

まずは種類が豊富だということ。純正のエンジンオイルに比べるとアフターメーカーのエンジンオイルって数えきれないほど存在します。その中の1つを選んでオイル交換をする。

これって、純粋に楽しいです。純正のエンジンオイルだけでオイル交換をしているとビフォーアフターはいつも同じ結果ですね。車を道具として使うのであればそれでもいい。

でも、お金を払ってオイル交換をするのなら、毎回変化を楽しむこともいいんじゃないかなと。社外オイルだと毎回違う銘柄を選ぶことができ、体感をすることができる。

次のメリットは、純正よりも安いオイルがある。車の取り扱い説明書を見ると、エンジンオイルの指定は2つだけ。指定のグレードと粘度を守るということ。エンジンオイルには規格があるので、そのグレードと粘度を守っていれば性能は担保してくれています。

純正オイルと同じグレード・粘度であっても価格が安いオイルは山ほどあるのです。オイル交換のコストを下げたいのならお勧めです。

最後に逆パターン。純正オイルよりも高性能なオイルがある。例えば明日、サーキット走行に行く予定がある。前日にオイル交換をしたいけどいつも入れている純正オイルでいいのか?純正のエンジンオイルって、街乗りをベースとして考えられています。サーキット走行などハードな使い方をするときは性能がちょっと心配な面があります。

そんな時、アフターメーカーの高性能オイルを入れるという選択。100%化学合成油のエステルベース。粘度もサーキットを走るなら純正以上にワイドレンジを選ぶなど。

社外オイルを使うメリットはたくさんあるのです。

オイル選びが面倒ならディーラーのオイル会員がお勧め

もし、たくさんあるオイルを選ぶのもおっくうだ。という人におススメなのがディーラーで推奨しているオイル会員やオイルキープと呼ばれるもの。

オイル交換のパックです。一見ユーザーとしてオイル交換をしに行くと、まともにお金が取られてしまいます。オイル会員などに加入すると、加入時はそこそこの支払いをしないといけませんが、以後お金がかかりません。

大体が何回かの回数になっている場合、オイルのペール缶を丸ごと買ってキープしてもらう場合と別れます。うちの会社もやってますが、当社のは回数です。3年間で6回オイル交換ができるパック。

近隣トヨタディーラーはペール缶を買うタイプですね。残りのオイル量が明細に記載されているところが多いです。

どちらにしろ普通にオイル交換を行うよりもよっぽど単価が下がるのでお勧めです。エンジンオイルを選ぶ楽しみがないわけですが、選ぶのもちょっと面倒だという人にはオイルのパックがおすすめです。

オートバックスにもありますね。

結局純正がいいのか社外がいいのか?

結局のところ、純正オイルがいいのか社外オイルがいいのか?

これはもう甲乙つけがたいところがあります。車好きの人であってもメーカー純正の高性能タイプのオイルを入れてる人もいますし、社外のお気に入りオイルを入れてる人もいます。

逆に車に無頓着な人であっても、わからないから純正を入れ続ける人もいれば、値段を求めてオイル交換が格安でできるお店を渡り歩く人もいます。

自分の目的に合ったほうを選べばいいかなと思います。

僕はもっぱら社外オイルを使っています。純正オイルと同等のグレード・粘度ですが、鉱物油の安いものです。ここにオイル添加剤を入れて、その変化を楽しんでいます。

オイル自体を楽しむよりは、今は同じ安いオイルを入れてそこに添加剤を加えて、添加剤でどのようにエンジンが変化するのかを観察しています。それが楽しい。

もし自分がすごくほしい車があって新車購入したらどうするかな・・。多分純正よりも性能がいい社外品を使うと思います。

オイル選びは楽しいです。

シェアする

フォローする