7万km近い直噴エンジンのロードスターにFCR062を入れたら効果があった

現行型のNDロードスターは、1.5Lの直噴エンジンが搭載されています。

先代型に比べると、排気量はダウンサイジングされているものの、軽量化を施したりで乗っていて非常に楽しい車です。

そんなロードスターですが、やはりエンジンが直噴なので、カーボンがたまります。

FCCR062という添加剤は、PEA配合でそれらのカーボンを奇麗にしてくれる。

直噴エンジンだけにとどまらず、現代のエンジンにとって必要な燃料添加剤です。

真冬に67000km位の時にいれました。

その時の燃焼室の状態はこちらです。1番シリンダーと2番シリンダーを撮影。

プラグを外して燃焼室内を内視鏡で撮影してみました。

ピストンのてっぺんになりますが、まあまあ真っ黒なのがわかります。

本来なら鉄の地肌が見えているはずなんですが、不純物などが堆積しているのが分かります。

FCR062の効果がわかった

そこから走行距離が2000kmほど進んでいます。

プラグを外してみました。

焼け具合はこんがりきつね色で、理想的な色合い。異常は見当たりません。

気になる燃焼室はどうか?

どうでしょうか?

添加前の状態に比べるとかなりカーボンが落ちているのが分かります。

効果がありますね。

添加前

添加後

ピストントップのカーボンが奇麗になっているのが分かります。

この添加剤の凄いところが、価格が安いという点。WAKO’Sのフューエルワンと比較しても、抜群に安い。

AZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 SE366 100ml×5本

AZ(エーゼット) 燃料添加剤 FCR-062 SE366 100ml×5本

2,200円(11/30 07:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

それでいて効果がにたかよったかなので、コスパは絶対こちらの方が上だと思います。

初めて添加剤を試したいなっていう人は、FCR-062がお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする