MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

日産の電子制御スロットルと急速TAS学習について

time 2015/09/06

日産の電子制御スロットルと急速TAS学習について

日産電子制御スロットルです。
日産の多くの車に搭載されているものです。

c-log760-01
電子制御スロットル

電子制御スロットルは、機械的にアクセルペダルとスロットルバルブをアクセルワイヤーで
つなげているものではありません。

アクセルペダルには、アクセルペダルの踏み込み位置を検知するスイッチが付いていて、

そのスイッチの信号を元にECUが、スロットルについているアクチュエーターを動かして
スロットルを開いているというものです。

電子制御スロットルの特性は、きめ細かな制御が可能であること。
人間には難しい開閉などをECUが演算して適正なアクセル開度を出してくれること
ISCも必要なく、スロットルだけで多くの制御ができてしまう

と、いいことずくめの機構なんですが、これは壊れたらたちが悪いのであります。

たとえば、何らかの故障で、アクセルスイッチの信号が届かない場合は
もはやペダルを踏んでもスロットルは開いてくれない。つまり進むことが、アイドリング回転数でしか出来ない。

あといろいろな電子デバイスに障害が出たら、何らかの制御を与えてしまう。

c-log760-02
実際、電子制御スロットルには、スロットルバルブにカーボンが溜まってしまったら
普通にキャブクリーナーにて掃除をしてはいけません。

ECUは、エンジンを切ったときに必ずスロットルバルブ開閉位置を毎回毎回学習しています。

それが、カーボンが溜まっていた部分をいきなり綺麗に落としてしまうと
ECUが混乱を起こしてしまうわけですね。

カーボンを落としてしまったということは、ECUにとってみたら
電子制御スロットルバルブを交換したと認識してしまうそうです。

なので、日産の場合は

スロットル全閉位置学習
急速TAS学習

この2つを行って、ECUに電子制御スロットルをイニシャライズさせないといけなくなってしまうんですが、
この急速TAS学習なるものは、ものすごく厄介。

日産の整備士であればちょちょいのちょいかもしれませんが、
ストップウォッチで計測しながらいろんな操作を確実に行わないと
10回連続で失敗することもしばしば。

参考までに2つの学習を書いておきますと

スロットル全閉位置学習

キースイッチをON→OFFにする
(キースイッチOFF後約5秒間保持する)
これでスロットルが動く音がきこえます。これにて完了。
つまり車に乗り降りするときに必ずECUが行っている学習です。

急速TAS学習

1、アクセル全閉のままキースイッチをON
2、キースイッチON後3秒経過してから、アクセル全開、全閉を5秒以内に5回繰り返す(アクセル全閉で終わること)
3、アクセル全閉から約7秒後にアクセルを全開にし、
約20秒間その状態を保持(約10秒後にエンジン警告灯の点灯開始)し、
エンジン警告灯が点灯したら5秒以内にアクセルを戻し(全閉じ)エンジンを始動する→急速TAS学習開始
4、約20秒間で学習は完了するのでキーはOFFにしないこと
5、急速TAS学習が完了したことを確認
キースイッチをOFFにして、約10秒以上経過してから再始動
アイドル回転数、点火時期が基準内であることを確認

かなりややこしいでしょう。

因みにアクセルペダルについているアクセルポジションセンサのコネクタを誤って外してしまったらアクセル全閉学習を行います

アクセル全閉学習
スロットル全閉位置学習を5回繰り返して行う

と、まぁカーボンをこそぎ落としたら大変なんですよ。
ECUはいつもスロットルを学習させているので、急な変化をすると故障とかって診断してしまうわけ。
なので、逐一学習させないといけないと。

と、言うわけで日産車で電子制御スロットル車に乗ってるひとは要注意してください。

ようやくうちの工場では診断機で急速TAS学習ができるようになりましたけど。

他のメーカーの人も同じ。電制スロットルはカーボンを落とさないようにしましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ