燃料タンクが錆びて穴があいてしまった件

車検で入庫したキャンターですが、大きな問題があった。
それは燃料が漏れているということ。

通常燃料が漏れてしまうと車検には通らない。修理しないといけないのである。
今回キャンターの燃料漏れが発生しているのは燃料タンクの錆びで穴が開いてしまっているのである。

c-log866-01
燃料漏れを起こしている燃料タンク

ということで、本日は燃料漏れをしている燃料タンクをよぉく撮ってきた
c-log866-02
腐食がひどいこの部分、燃料タンクが濡れているのがわかります。
これは漏れている軽油です

c-log866-03
下から見てもびしゃびしゃ

よくこんな状態で走っていたものだ

c-log866-04
このあたりの腐食が一番進んでいる

c-log866-05

もはやこうなってしまったら燃料タンクを交換しないといけない。
車検の度に防錆塗装を繰り返してはいたが、度重なる高速走行や塩カルの被害には勝てなかったのかもしれない。

ということで燃料が漏れている燃料タンクでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)