MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

排気温センサーが点灯する理由

time 2014/12/28

排気温センサーが点灯する理由

先日お客さんの家に車検の車を取りに言ったんですが、
そのときお客さんに

「排気温センサーがついて困っている」

とのご依頼を受けました。

排気温センサーとは何ぞや!?

ということになりますが、その名のとおり、排気ガスの温度を感知しているセンサーです。

どの車の説明書をみてもそうだと思うけど、
排気温センサーがついたら、車を草など燃えやすいものがない
安全な場所に止めてしばらく冷やせって書いてありますよね?

で、ランプが消えたらディーラーまで徐行してこい!

と説明がかいてあります。

haikionsensa1
排気温センサーのマーク

いったい何が原因で、排気温センサーのランプがついてしまうか?

これにもいくつか種類があります。

まずは

排気温センサー自体が壊れている

次に

排気温センサーの配線が断線している

こういった症状であればセンサーの方の以上ですから
とくに問題はありません。

が、本当に問題があるのは

エンジンの不調ということです。

スポンサードリンク

何がどうなっているのかというと

簡単に書くと、一気筒死んでいる確立が非常に高いんです

業界用語で

片肺

といいますが、多気筒シリンダーの場合はどれか一つでも
死んでいたら、排気温センサーがつきます。

何でかというと

たとえば4気筒エンジンで1気筒死んでいるとします。

実質3気筒で動いているわけですが、その間も死んでいる気筒には
混合気が送られて、燃焼することなく

混合気のままエキゾーストのバルブより排気管へ入っていきます。

で、その燃えていない混合気が触媒の熱で過熱されて燃えて、
触媒の中で燃えるもんだから触媒の温度があがります。

それを触媒についている排気温センサーが感知して、ランプをつけるという仕組みなんですよ。

まぁ十中八九

点火系のトラブルですね。

たとえば一気筒だけ、プラグがかぶっちゃって火花が飛んでいないとか

プラグコードがリークしてしまっているとか

ダイレクトイグニッションならコイルが駄目になっているとかですね。

火花が飛ばないもんだから、インジェクターより供給された燃料がそのまま
排気管へいって、排気管で燃えてしまうというわけですね。

排気温センサーがついてしまったら、エンジンをかけている状態で

軍手を2重くらいにはめて
一本ずつプラグコードを抜いて見ましょう。

正常な気筒のコードを抜くと、エンジンの回転はさらに落ちて止まりそうになります。
でも、一発死んでいる気筒のコードを抜いても何にも起こらないはずです。

それで死んでいるシリンダーを見つけて、プラグ、プラグコードの点検をしてみてください。

ダイレクトイグニッションシステムなら、そのシリンダーのコイルにつながる
カプラーをぬいてやればOK

結構簡単なもんでしょう。

これが排気温センサーのトラブル解決法ですが、それ以前の話もあるのでこれもチェックしてみてね。

あなたの車の排気温センサーの警告ランプの球は生きているか?

重要なときに球切れを起こしているなんて事もありえます。
見分け方はいたって簡単。

haikionsensa2
イグニッションキーを、セルモーターが回る寸前まで鍵を回すと
このように警告等がいっせいに点灯しますよね?

これは警告灯球切れをチェックするためのものなので、
このときに排気温センサーやそのほかの警告灯のたまが切れていないか確認しておきましょう。

球がきれていたらメーターを外さないと球を交換できない車が
多いからかなり面倒くさいよ。

それでは本日は排気温センサーについてでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ