ハイブリッドとEVとプラグインハイブリッド

低電圧講習を受けて、ちょっとハイブリッドに興味を持つようになってきました。
ということで、ハイブリッドとEVとこれから出るであろうプラグインハイブリッドについて
いろいろと考えてみたいと思います。
まずハイブリッドは、もう一般に浸透しているでしょうね。プリウスとインサイト。
動力源をエンジンとモーターの2つを持っている。低燃費でとても魅力的な車。
そしてEV。これは三菱のアイミーブが有名どころ。いわゆる電気自動車です。
しかしながら、EVはとても価格が高い。これはやはりバッテリー価格が高いということが懸念される。
もう少し高性能で低価格にリチウムイオンバッテリーが開発されればもっと値段は
下がってくると思います。

sb-log396-01

ついでプラグインハイブリッド。あと2年くらいの間には市場に投入されるでしょう。
これは何かというと、プリウスにもう少しバッテリーをたくさん積んでやって、家庭用の電気で
バッテリーを充電してEVとしてもある程度使えるようにしたもの。

そのプラグインハイブリッドのプリウスの航続可能距離は30kmほどだそうです。
つまり電気だけで30kmの走行が可能。会社が10km圏内であれば、ガソリンなど入れなくても
毎日深夜電力を利用してバッテリーを充電すればいい。そのほうがガソリンよりよほど安上がりである。

プラグインハイブリッドの良いところは、電気がなくてもガソリンでエンジンを回せば走行ができること。
EVは魅力的になってきたけれど、外出先で気軽に充電できるインフラが整備されないとやはり
遠出は厳しいかなと。でもこのプラグインハイブリッドはすごい。EVで走行も結構な距離ができるし、
ガソリンがあればどこまでも走れる。回生ブレーキだってものすごく役に立つでしょう。
ボクは新型プリウスを買いたいといっている人には、プラグインハイブリッドのプリウスが出てからでもいいんじゃないとお勧めしている。このプラグインハイブリッドのプリウスこそ、4代目にふさわしい内容であると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 北の整備マニア より:

    あのう・・・。インサイト、事実上もう販売されてません。現在の市場主役ははフィット系です。
    「プラグインハイブリッド。あと2年くらいの間には市場に投入されるでしょう」・・・10年前の記事のようで・・・。EVもしかり・・・。

    • MHO より:

      すみません。おっしゃる通り最近更新しているのは7、8年前に書いていた記事をアップロードし直しています。
      情報が古いものが多いのでお見苦しい点がありますがお許しください。
      時間があるときは直すんですけど・・・