新型ジムニー JB64W 車体番号とエンジン番号の打刻刻印の位置はここ!

新型のスズキ ジムニーです。

型式は3BA-JB64W。初めて見た。排ガス記号頭に数字がつくタイプ。平成30年規制ですね。

現車を見ましたが、なんだか軽自動車とは思えない大きさに見える・・。

シエラって言われてもわからない、目の錯覚的でかさ。明らかに旧型のジムニーよりもでかく感じます。

そんな新型ジムニーの車体番号とエンジン番号の刻印を写真で撮ってきました。受け入れ検査や完成検査にお役立てください。

最初に車体番号の刻印はどこかなと。この新型ジムニーになってからラダーフレームを再び採用してきているので、

(旧型もラダーフレーム採用でした。すみません。)

多分室内にはないかな・・・・?

いつものところかな?

車体番号の刻印は右リヤタイヤの奥でした。

このようにJB64Wの刻印があるのがわかります。

続いてエンジン番号の打刻です。

縦置きエンジンです。おなじみのR06Aです。

R06Aのエンジン打刻はミッションとエンジンのつなぎ目です。

タービンを覆っている遮熱板の部分に丸い覗き穴が空いています。

センサの真上あたり。

そこからエンジンをみるとR06Aの刻印があるのがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 伊織 より:

    ジムニーは先代もラダーフレームですよ。

  2. むきんぽ より:

    「新型ジムニー、納車待ち一年~!」
    と、盛んにネットニュースで取り上げられ、一方で
    「目標販売台数を意図的に下げ、結果的に一年分受注~!」
    との記事も。

    一体どっちなんだーーーー?!

    街でチラホラ見るようにはなった。チラホラね。本当に一年も待つのだろうか・・・。
    追加設備投資なんかも難しいだろうし、増産なんて簡単じゃないだろうしなー。

    • MHO より:

      我が社ではすでに2台売れて納車になりました。旧型ジムニーと比較するとやはり新型の方がでかく感じます。お向かいさんもジムニーになっていました(笑)
      最初シエラかと思ったんですが、オリンピックナンバーにされていたからジムニーでした。でかい!