高性能車と自動車事情

今の時代、車は電子制御で至れり尽くせり状態になりました。いろんなところにECUが取り付き常に演算をしてアクチュエーターに指示を出し、高性能を発揮しています。
一昔前の280馬力規制もなくなって、ある意味無制限にパワーを持つ車もリリースされてきた。
しかしである、こんなに高性能な車って必要なのだろうか?
特に考えたいのはエンジンパワーである。スポーツカーでサーキットに持ち込んでスポーツドライビングをするといった名目であればエンジンパワーは高いほうがいい。
しかし、日本のせまーい道路事情で、果たして300馬力以上を発揮できる場所というのはあるのだろうか?ドイツのようなアウトバーンすら存在しない国である。
安全面において電子制御が進むことに関しては賛成だ。やはり人間は運転していると集中力もたまには切れちゃうときもある。そんなとき、ハードがアシストしてくれれば安全に走行が可能だ。
でもエンジンパワーはどうか?

sb-log531-01

特に今は高性能セダンになると300馬力オーバーなんてのもたくさんある。
しかし、これってどうなのだろうかなと思う。僕が今まで乗った車で一番力があるのがFD3S。
265馬力のツインターボのものでしたが、国道で一気に加速するともうそのGたるや、通常の町のりでは必要のないほどの力であった。これはスポーツドライビングをするために購入した
車だからパワーがあっていいんですが・・・。
今は64馬力の車に乗っている。しかし、この車が楽しいのだ。使いきれるパワーっていうのがいい。
265馬力では全開で走れる場所が高速道路くらいしかなかった。でも64馬力なら日常茶飯事でパワーを使いきれるのである。

アクセルを全開にできないジレンマよりもアクセル全開でもっと速ければ良いなぁというジレンマのほうが僕は少ないと思う。
何せ使いきれるパワーなのだから身の丈にあっているんだとおもう。狭い日本そんなに急いでどこに行く?
という標語があるが、まさにそのとおりだなぁと最近はしみじみ思ってしまう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    昔は確かにパワーを求めていましたが、今はどちらかといえばトルクですね。車に合ったパワーとトルク特性の車が一番なんですがね。

    • MHO より:

      カタログ数値では昔は馬力に目がいきましたよね。今は燃費に目が行ってしまうのはなんとなく虚しいです・・