パジェロ パワステポンプ交換

三菱パジェロのパワステポンプです。
車検で預かったんですが、
お客さんの依頼として
パワステ不良があったので
診断したらポンプが死んでいました。

pajero-psp1
リビルト品で1万5千円くらいだったかな!?

作業も難しいと思いきやとても簡単でした。

pajero-psp2
助手席側についているんですが、赤いところがパワステホースがきているところね。
真ん中の赤いところに17mmのナットが止まっていて、下の赤い○のところには
ホースがクランプで止まっています。

両方外して裏から12mmだったっけ?2本でポンプが固定されているだけ。

pajero-psp3
左が壊れているポンプです。
スプロケットを移植してつけかえるだけ。

作業点数も1.2時間となっており、整備士に依頼しても1万円はしませんね。

pajero-psp4
パジェロのパワステポンプはベルトで駆動しているのではなく、
ギアで駆動して動力を得ていました。

パワステポンプを付け替えたら、フルードを入れて
エンジンをかけないでハンドルを何度も何度も左右に切り替えしてください。
20、30回くらいね。

で、フルードの量をみてエンジンをかけて、また左右にハンドルを切りまくって
エアを抜いてフルードの量を調整して完了。簡単なものです。

以外に知られていませんが、パワステオイルも劣化します。
パワステオイルを交換すれば、ポンプの寿命も延びるというわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする