新古車の化粧直しに要注意!タイヤを外そうとしたら・・・

この前新古車を仕入れて販売しようとした時のこと。

こういうケースがたまにあるので要注意と紹介します。

山間地に通うお客さんだったので、納車時にはスタッドレスタイヤでと依頼されていました。

なので、営業に言われてタイヤをスタッドレスへ履き替え作業をしていた。

その時に事件は起きた!

リヤタイヤを外そうとホイールナットを外して、タイヤを持ち上げたらなんか引っかかる・・。

と思ったらこんな状態。

!!ドラムブレーキのブレーキドラムがホイールにくっついたまま外れてきた。

ドラムブレーキって、2パターンあります。

1つはこの車のようにタイヤを外したら、サイドブレーキをかけていない限りは簡単にブレーキドラムが外れる構造。

もう1つはリヤハブロックナットを外さないとブレーキドラムが外れないパターン。

前者は車体側にホイールナットの雄ねじであるクリップボルトが残ってきます。

後者はブレーキドラムにクリップボルトが圧入されています。

それではなんでこんなことが起こり得るのかというと、・・・。

ビッカビカに光っているブレーキドラム。

この通り!ドラムに塗装を施してあります。

推測するに、新古車は必ずしも車庫に保管がされていないため、置いてある期間が長くなると錆てきます。これはしょうがないです。

錆びてくると見映えがよくないので、ドラムを塗装して業販店へ納車した。こういう理由です。気を使ってくれるのはありがたいけど一歩間違えば結構危険。

もし一番最初にタイヤを外すのがお客さんだった場合。タイヤを外した瞬間ドラムが外れてしまう。

それに気がつかないでスタッドレスタイヤをつけたらどうなるか?

ブレーキを踏んだ瞬間にブレーキフルードが漏れて、ブレーキが正常にきかなくて事故ります。

ブレーキドラムを外したまま、ブレーキを踏むとペダルの踏み心地がスポンジーになり、シューを抑えるドラムがないためにホイールシリンダーからブレーキフルードが漏れまくります。

昔一度だけ遭遇したことがあります。新人が車検整備の時にシャシブラックをドラムにもふいて乾かす前にタイヤをつけた。

お客さんがスタッドレスを履き替えようとしたらブレーキがおかしい。見たらブレーキドラムがないんですよ。もしや・・と思って取り外したノーマルタイヤを見せてもらったら案の定ホイールにブレーキドラムがくっついていた。

ドラムにシャーシブラックを塗布するのは基本的にお勧めできません。見映えがよくなるけど、錆止めをふくなら耐熱のスプレーを吹いておくのをお勧めします。

そして十分に乾燥させるか、もしくはホイールとの接合面には塗らないこと。でないと、こういう事故が起こるのです。

今回は反対のリヤドラムもホイールにくっついてきた。

自分でタイヤ交換をする人は、リヤタイヤの脱着には気をつけてください。4輪ディスクなら問題ないですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    こんな事になるとは…。
    自分は、初めて見ました!
    確かに、塗装って結構接着力ありますもんね!
    うちの車は、どれもハブのナットが付いてるタイプなので、こんな事は起こりません!
    自分的には、タイヤを外した時にカップとシューの状態を確認したいので、ナットがないタイプの方がいいんですけどね!
    ナットのタイプは、かしめてあるので簡単には外せないですからね…。 
    しかも、レンチのサイズが結構デカイ…。
    ですので、バックプレートにオイルのにじみが見られない限り、基本的に車検の時に見てもらってます!
    毎日かかさずMHOさんの記事を読んでますが、いつもとても勉強になります!!

    • MHO より:

      久しぶりに焦りました。なんかタイヤ重たいぞ・・。ひっかかるぞ・・ドラムも一緒にはずれてるーーーー。
      僕が乗っていた車もほとんどがハブナットを外さないとドラムがバラせないタイプだったんですが、DIYだとパワーはかなり使いますよね。
      まだ割りピンタイプならいいけどそうでないとロックナットは交換しないといけないですし・・。