MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ランドクルーザー RZJ95 フロントブレーキパッド交換

time 2016/05/19

ランドクルーザー RZJ95 フロントブレーキパッド交換

ランドクルーザープラド
RZJ95
12年式

フロントブレーキパッドを交換したのでレポートします

c-log1016-01
ランクル Fブレーキパッド交換

まずはこのランクルのフロントブレーキパッドは対抗4ポッドのキャリパーであるということ。

手順はあまり変わりません。最初にブレーキオイルのリザーバータンクからブレーキオイルをスポイトで少し吸い取っておきましょう。

c-log1016-02
対抗4ポッドのキャリパーなので、ピンでブレーキパッドが固定されています

c-log1016-03
まずは針金のようなピンを抜きます

c-log1016-04-1
内側に止められている針金のピンを抜く

c-log1016-05
続いてブレーキパッドを通している上下のピンを抜く。まずは下。

c-log1016-06
固着しているとなかなか抜けないので、内側から叩いて先っぽがでたら、プライヤーで回しながら抜いて来ると
抜きやすい

c-log1016-07
下のピンを抜くと、ブレーキパッドを押さえているプレートが外せます

c-log1016-08
プレートを外したら、上のピンも抜く。これでブレーキパッドはフリーになる

c-log1016-09
古いブレーキパッドをキャリパーから引っこ抜く。プライヤーなどで上を引っ張ったり下を引っ張ったりと
やっていくうちに抜けてきます

c-log1016-10
もう一枚も抜く

c-log1016-11
これでキャリパーからパッドが抜けました。ピストンが向かい合って4つあるので対抗4ポッドといいます

c-log1016-12
新しいパッドにシムなどを移植する。ちなみに外側と内側のパッドは形が違うので外したときに忘れないようにしましょう

c-log1016-13
シムを移植したら準備完了

つづいてピストンをもどします

c-log1016-14
交換した古いブレーキパッドを使って、図のようにプライヤーの間に挟みこみ
2つのピストンを一緒に縮めます。

c-log1016-15
片側のピストンが両方戻っている図。この状態でとりあえず片方の新しいパッドを入れる

c-log1016-16
これで右側のピストンは新しいパッドに押さえ込まれている状態になります

c-log1016-17
このままだとパッドが落ちてしまうので、ピンを途中まで通しておいて、パッドが落ちないようにしておく。

この状態で左側の2つのピストンも同様に戻す

c-log1016-18
戻したら新しいブレーキパッドを入れます

c-log1016-19
あたらしいパッドを入れている図

c-log1016-20
両方ブレーキパッドが入ったら、プレートをセットして、上下のピンを入れる

c-log1016-21
上下のピンを最後まで入れたら

c-log1016-22
ピンの先に穴が開いているので、その穴に針金を通す

c-log1016-23
上下のピンに針金を通したら、最後にキャリパーの真ん中の穴に針金の曲がった部分を入れる

c-log1016-24
真ん中を通す

c-log1016-25
これで完成

反対側のブレーキパッドも交換したら、ブレーキペダルをポンピングしてふみしろを出します。
踏みしろが出たら、ブレーキオイルのリザーブタンクをMAXまでフルードを入れる。

そして後はゆっくりあたりを付けていけばOKです。

ランクルのブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ