MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

タント ブレーキパッド交換

time 2016/04/03

タント ブレーキパッド交換

c-log974-01
ダイハツ タント

ブレーキパッドを交換したのでそれをレポートいたします

普通の片押しキャリパーなので大体同じです。
まずはブレーキオイルのリザーブタンクのフルードを少し抜いておく。
キャリパーのピストンを戻したときにフルードが溢れるのを防ぐためです。

c-log974-02
続いてキャリパーの下のネジをはずします。

c-log974-03
そうしたらキャリパーを持ち上げます。

c-log974-04
そして古いブレーキパッドをマイナスドライバーで外します。

新旧パッド

c-log974-05
古いパッドからシムなどを新しいブレーキパッドに移植します

パッドグリスにはブレーキプロテクターがオススメです。

c-log974-06
移植完了

c-log974-07
新しいパッドをキャリパーにセットします

そしたらウォーターポンププライヤーなどを使って、キャリパーのピストンを挟み込んで縮めます

c-log974-08
このとき、一番最初にフルードをリザーブタンクから抜いていないと、オーバーフローすることがあります。

c-log974-09
ピストンを戻したら、ブレーキキャリパーを被せます

c-log974-10
最後にネジをつければ完了

反対側も同様に交換したら、ブレーキペダルをポンピングして踏みしろが出るまで踏み込みます。
踏みしろがでたら、ブレーキオイルの量をMAXに調整。

あとはゆっくりとテスト走行をしてください。最初はとても効きが悪いので、
当たりがつくまでスピードを出さないように。
しばらくブレーキを使っていると正常の制動力がついてきます

ダイハツタントのブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ