トルクレンチでホイールナットを締め付けよう

これはもはや心の叫びです。冬と春になると僕を恐怖に陥れるのがクリップボルトの交換だ。
何かの事故でクリップボルトが折損してしまったなら僕は納得もいく。しかし僕が行うクリップボルトの交換の8割以上は人為的ミスの積み重ねが生んだ結果なのだ。
ざっくばらんにいうと、規定トルクでホイールナットを締め付けていない結果、クリップボルトが折れてしまうということだ。

sb-log607-01

もう冬と春がものすごい多い。ひどい日など1日に5台のクリップボルトを交換したこともある。
雪が降るといっせいにタイヤ交換をする。でもってオーバートルクで締めて折れちゃった。
本当にこれが多いのだ。

うちの工場でのケースは、多くがガソリンスタンドでの整備ミスだ。わが社のお客さんが行った先のガソリンスタンドでタイヤを交換してもらったら、インパクトレンチでガガガガと締め付けられてポキッといってしまう。
最強のケースは大型トラックだ。トラックのクリップボルトまで交換する羽目になったのだ。
きちんと整備の教育がされて、ホイールナットで締め付けているガソリンスタンドは大丈夫だが、まれにインパクトレンチで締め付けるだけのお店がある。これが困ってしまう。
先日行ったプレオなど、ABSが付いていたため、ハブを外さないとクリップボルトが交換できなかった。
たかだか1本200円しないクリップボルトを交換するためにハブを分解して、ハブのベアリングまで交換して・・・工賃1万円オーバーとなってしまうわけだ。
こういった車はネジを見ればもう一目瞭然だ。ホイールナットがホイールに食い込むように埋まってるのは明らかにオーバートルクで締められている。ホイールが変形してしまっているので、これはこれでさらに危険である。
規定トルクって大切なんですよ。守っていればめったなことは起こりません。タイヤは規定トルクで締め付けるようにしましょう。

僕がプライベートで使っているトルクレンチです。安いけれどものはしっかりしていますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 韋駄天神 より:

    嫁実家の御用達の整備会社、乗用車のホイールナットをインパクトで締め上げてくれるもんで、車検出した年のタイヤ交換が凄く難儀してます(^-^ゞ

    緩まないだけなら可愛いもんで、下手するとハブボルトがダメになってることもあって一度どやしつけて目の前で交換させましたが…言ってる口の側からインパクトで締め上げてる始末(^-^ゞ

    MHOさんみたいにきちんとやってくれる整備会社があれば良いのですが(^-^ゞ

  2. moja より:

    トルク管理大事です

  3. moja より:

    初めまして、コメントだけ先行して飛んで行ってしまいまして・・・
    ホイールのナット&ボルトだけでなく「ネジ」のトルク管理は非常に大事ですね。インパクトレンチは使っちゃいけないわけではないんですが
    規定トルク以上の設定にして締めてしまうのが大問題なわけなんですよね。昔コバッ〇でやられましたけど。。。あとCRC5-56とかをハブボルトに塗布して取り付けする人いますけどあれも絶対NGですね、結構トンチンカンな事やっている人多いです

    • MHO より:

      そうなんです。タイヤ交換は基本的にかなり弱めでインパクトで締めます。そのあとにきちんとトルクレンチである程度締めしろが残ってればいいんですよね。インパクトで規定トルク以上を締めたあとに、トルクレンチで締めても何の意味もなさないのです。