ミニキャブ U61V U62V U61W U62W ブロアモーター交換 リコール 

三菱のミニキャブバンですが、このたびリコールが出たのでブロアモーターを交換することになりました。

u62v-blower-motor1

対象となるのはミニキャブのU61V、U62V、U61W、U62Wの型式で、2007年11月30日から2011年7月5日までの間に製作された車です。車体番号などの詳しい情報は

三菱リコール情報

こちらより車体番号などを打ち込んで検索することができます。

それではミニキャブ・タウンボックスのブロアモーターのリコール作業をご覧ください。

まずはこのリコールの主旨ですが、説明によると材質の悪いモーターのブラシを使っているためにさいい風量で使うとブラシの摩耗が激しくて、最終的には動かなくなってしまうということ。

これを受けて、対策品のブロアモーターに交換します。

u62v-blower-motor2

ブロアモーターはグローブボックスの奥に取り付けられています。

u62v-blower-motor3

下から覗くとこんな感じで横から取り付けられています。このブロアモーターをまずは目視で点検。

u62v-blower-motor11

これが対策品と対策前の部品です。右側のステッカー部分がグレーのブロアモーターは対策前の部品ですので交換が必要です。

ですが、ステッカーがグレーのものでも

u62v-blower-motor12

この図のように、ブロアモーターの先っぽに黒いキャップが取り付けられているものは対象品外となるので、交換が不要になります。あくまでも、ステッカーがグレーで、黒いキャップが取り付けられていないブロアモーターを交換する流れになります。

u62v-blower-motor4

グローブボックスを取り外せば真横からアクセスできます。ネジ3本とカプラー1つ。

u62v-blower-motor6

交換はとても簡単で、DIYでも余裕です。

u62v-blower-motor7

ブロアモーターを取り外した図

u62v-blower-motor8

あとは、三菱から配布されている対策品のブロアモーターを取り付ける。

u62v-blower-motor9

逆の手順ですね。簡単な部類です。

u62v-blower-motor10

終わったらリコールナンバー3434のステッカーを運転席のドアストライカーの下に貼る。あと、助手席のドアのヒンジのピンの部分に白か黄色でマーキングをする。

スポンサードリンク

以上でミニキャブのブロアモーターリコールは終わりです。簡単です。

もしリコールが出る前に、ブロアモーターを交換したことがある記憶がある人はディーラーに問い合わせてください。部品代を返金してくれるようなことを聞きましたので。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする