MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

整備士による中古車の見分け方

time 2015/05/11

整備士による中古車の見分け方

いざ中古車を買おうって言うときに程度のいいものをGETしたいのは当然ですよね?
ここでは中古車の程度のチェック方をまずはなんといってもエンジンですね。
エンジンがまともでない中古 車は買うべきではありません。
のちのちに痛い目をみることになりますからね。

例えばこんな車が中古車
として出ていることもあります。

お客さんの車で、エンジンオイルを2万5千キロ換えていなかった人がいました。
その車は下取りになって、いざ販売しようとエンジンオイルの漏れを修理してエンジンを開けてみてびっくり

c-log550-01

どうですか?こんなに真っ黒にスラッジがたまっています。
こんなエンジンを搭載している

中古車

当然世の中にたくさん出回っています

c-log550-02

これが清掃した後です。

c-log550-03
これは6万キロ交換していないプラグ

ひどいもんです。規制緩和で車検制度が改正されてからユーザーによる車管理がなされている昨今こんな状態の中古 車はそこらじゅうにいます。

c-log550-04
これは8万キロ交換していないエアクリーナーです。
どうですかこんな中古 車なんかほしくなくなってきますよね?

それではどうやって程度のいいエンジンの
中古車を買うか?見極め方はいくつかあります。

ボンネットを開けれるならまずはオイルレベルゲージを抜いてみてください

c-log550-05

ヴィッツのエンジンです。旧型ね

この車、実にエンジンオイルを2万キロくらい交換していない車なんですよ。

エンジンオイルを交換しないでいると、隋著に現れる部分はココ

c-log550-06
レベルゲージ

c-log550-07
この汚れは、結構沈着します。

ごしごしとウエスでこすってやらないと駄目。

c-log550-08

c-log550-09
綺麗になった。

なので中古車を買うときは、レベルゲージにこのようにオイル焼けの跡があるようなら
絶対に買わないようにしましょう。

ゲージは業者がふいてごまかすケースがあるのでオイルフィラーキャップを開けてみて

c-log550-10
フィラーキャップを開けましょう。

c-log550-11

このようにエンジンの中がきれいなことを確認しましょう。
さすがにヘッドカバーを開けて清掃まではなかなか業者でもやらないところがあります。
なのでエンジンのオイル管理をはかる目安はレベルゲージのオイル焼けを見るオイルフィラーキャップを開けてエンジン内部を覗く

この2点で目視して中古 車のエンジンは一つの判断

そしてエンジンをかけさせてもらえるならかけてみてください。

まずはきちんとかかるか?
始動性をチェックしてね。

そして大切なのはエンジンがかかっているときに
マフラーから白煙が出ていないか?

冬にマフラーからもくもく出るのは大体が水蒸気です。
しばらくエンジンがあったまれば水蒸気は消えてきます。

しばらくかけ続けていてももくもくと白い煙が出ているようならエンジンのシリンダーが減っているかヘッド部分のオイルシールが漏れてきて下がっている可能性があります。

水蒸気と白煙はよく見れば区別つきます。
水蒸気のほうが透明に近いけど白煙はもろに煙です。

これらを中古車を買うときに判断してください。

エンジンはオイル管理がしっかりしてれば20万でも30万kmでも使えます。
それだけの耐久性があるんですよ。自動車のエンジンは。

中古 車のエンジンのチェックは以上ですね。
あとエンジンを見回してオイルが漏れて黒くなっていないかチェックもしておいて。

その他中古 車を買うときにチェックしたいのが

事故暦
錆の度合い
ブレーキなどの状態

 

こんなところでしょう。

車が事故を起こしてフレームまで曲がるような大きい事故であれば後々に問題が出てくる可能性があります。

事故をして問題になるケースが

①耐久性
②ハンドリング
③原因不明の故障

この辺ですね。中古 車はその判断もしないと後で泣きを見ることになります。

①の耐久性はそのままですね。
きちんとした業者がきちんと修理してれば大丈夫ですが、中古車は下取りがいくつでどのくらいで売るかによってきます。
なので手抜きで修理されているケースも多々あるんですよ。利益を上げるためにね。
なので大きな事故をしている車は当然却下。
事故暦有と書いてある車は一応やめておいたほうが無難です。

②のハンドリングはこれもきちんと修理をしていない中古 車はハンドルがどっちかに
とられたり、タイヤが片べりする
なんてことが起こるんですよ。
事故を修理するときは、それぞれ決まったポジションから決まったポジションの寸法をはかります。
そしてその誤差が出ないようにフレームを修正していかないと当初の性能がでないわけですよ。
ですがそこまできちんと直してあるか?
ということです。ひどいときなんか一目瞭然で左側と右側のタイヤとタイヤの間いわゆるホイールベースの長さが違っているなんて車もあります。
こういう車は当然まっすぐ走らないんですよ。

③の原因不明の故障。これはどういうことかというと、事故をして配線を押している、そんな車は中で配線が切れかかっていたりします。
そんな中古車はきけんです。
突然ウインカーが切れた。でも段差を乗り越えたらまたついた。
エアコンが突然動かなくなったなどという原因不明な故障がおこります。
エンジンが突然とまっちゃうとかかからなくなるとかこれは配線の状態が大きく左右します。
しかもこういったぎりぎり断線していないような配線は専用テスターで診断しても正常と判断されてしまいます。
故障を探求するのはかなり苦戦することになるんですよ。

以上事故車は百害あって一利ないということですね。
中古 車を買うときは事故車は避けてください。
c-log550-13
こんな事故をして適当に修理しているような
中古車を買ってしまったら後々に痛い目にあいます。

c-log550-14
事故車かどうかを判断するのはまず絶対に整備では緩めないネジが緩められた後がある。
これはフェンダーなど組み立て終わってから塗装されている部分このネジの塗装にズレがある一度外されているようなあとがある。
こういうのはフェンダーを換えている可能性があります。

あとよーく車の色を見てみると、明らかに色が違う部分がある。
たとえばフロントバンパーとボディーの色が違うリヤバンパーとフェンダーの色が違うなど

よく目を凝らして塗装をみればわかります。
一部分でも色がおかしいところがあればそれは事故車に近いと判断しましょう。
その辺を中古車を買うときはチェックしてください。

そして錆

錆は当然車を傷めます。
新車は錆はないですが中古車は錆があって当然。ではその錆はどこの錆か?

c-log550-15-1

シャシーブラック

c-log550-16
パスター

こんな感じでスプレーガンに取り付けて

仕上がりは一目瞭然!

c-log550-15

c-log550-18

とまぁシャーシであればこのようにシャーシブラックを塗布して新車のような光沢を与えることが可能です。なので問題になるのはシャーシの部分ではなくボディの部分の錆

中古車
をよく見て一体どこが錆びているか?
シャーシであればパスターを車検ごとに定期的に吹かれていればさほど錆びてはいないでしょう。
でもボディーはマメに洗車をしたりしていないと錆びてきます。
特に積雪地方は塩カルを凍結防止に道路にまくので
本当にボディーが錆びます。

こんな車は買わないほうがいい。

ボディーが錆びている
中古車

c-log550-19

フレームが朽ち果てている

ショックアブソーバーがブラブラ状態

c-log550-20

ここまで錆びて車としての機能を果たせていないものは車検で当然指摘されて落ちます

これは極端な車でこのケースはメーカー補償になるものですがボディーの錆というのはとても怖いということですね。

中古 車を買うときは錆びていないかチェックしましょう。
あまり錆びているような車はマフラーも穴が開いている可能性があるので後に痛い出費になってしまいます。

そして最後はブレーキですね。
ブレーキはタイヤを外さないと駄目なので目視によるチェックはなかなかできません。
c-log550-21
はずしたブレーキパッド

c-log550-22
完全に終わっています。

実際、ブレーキパッドが完全に終わっている状態でブレーキングをしてみたんですが、

まじで止まらない

雪道や砂利の低ミューな路面でABSを利かせてブレーキしているような感覚といえばいいでしょうか?
そんな感じです。

c-log550-23
厚みなし

c-log550-24
もう一枚もこのとおり

c-log550-25
ブレーキローターもレコード盤みたいに筋ができてしまっています。

こうなったらもうローターも使えません。

とまぁブレーキは命にかかわる部分でもあります。
もし車を乗ることができたらブレーキが鳴いていないかチェックしましょう。
キーってブレーキがいつも鳴くようでしたらブレーキパットモニターが効いている証拠。つまり減っている証拠です。

中古車を買う上でブレーキの残圧は車検証を見せてもらって、分解整備記録簿があればそこにブレーキの残圧が書いてあります。
それがフロントで6mm以上なければブレーキは減り気味です。
リヤはドラムブレーキなら3~4mmディスクブレーキなら6mm以上あったほうがいい。

ブレーキの残圧をはかる簡単な方法としてエンジンルームを開けて
c-log550-26
ブレーキのタンクを見てブレーキ液がどのくらい減っているかを確認します。
MAXとMINの目盛りがありますが、MAXに近ければブレーキはあります。
MINに近いようだとブレーキが減っています。

まぁこれはブレーキ液を補充されちゃうとわかりづらいですが、
一応確認をしてみてください。

以上が中古 車を買うときの程度の目安ですね。

あと中古車を買うときは保障があるかないか?
きちんと電装品は動くか?エアコンの調子は?オーディオの調子は?
一応全て稼動させてみてチェックしないと駄目です。

新車というのはある程度値段が決まっているため儲けが殆ど一律です。5万~10万円。

でも
中古車は

仮に5万円で下取りした場合でも店頭に並べば30万、40万なんてプライスが付く場合もあるんですよ。なので業者は新車を売るよりも自分で仕入れた中古車を売ったほうが
断然儲けになります。

かけひきに負けないように自分でチェックする目を持って中古車を買うようにしてください。

少しでも中古車をかう時のお役に立てたら幸いです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ