ブレーキが効かない。割れたブレーキローターの恐怖

お客さんが、

「ブレーキをすると左に大きく旋回する」

「がらがら音がする。まともに止まらない」

という依頼を受けて、ちょっとやばそうなのでレッカーで引き取りに。
そして原因判明

c-log749-01
ブレーキローター

c-log749-02
じゃん!

c-log749-03
フロントの右側。

c-log749-04
これじゃ止まるはずがありません。
この円盤部分がパットに押さえられて、回転を止めるんですが、

肝心のハブに取り付けられている部分と分離しているので
まったくブレーキが効かないということになります。

左に旋回してしまうのは、左のブレーキは生きているので、ブレーキングすると
左だけ車速が落ちるためにまがっちゃうということ。

c-log7498-05
長野県は融雪地帯で、塩カルを撒きます。

なので錆を誘発しやすい。
今回も錆が大きな原因となっていることは明白です。

ブレーキローターの錆や段付きは修正研磨が可能ですが、
こういったケースも考えられるので、予算があればなるべく新品に交換するに越したことはないと言えます。

以上割れたブレーキローターでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする