200円で買えるワイパーの工具が到着。怪しさ全開!

昨日届きました。ワイパーの200円工具です。

Amazonにしては珍しく、到着予定日をすぎた3日後に到着。珍しいなぁと思ったら、中国から届きました。納得。

開封してまずびっくり。

まず、思い描いていたものと違う・・。もっと小さくて、鉄製品なのかと思っていた。思っていたよりも大きくてオール樹脂製!取り扱いを注意しないとすぐに割れそうです。

この隙間にワイパーゴムを入れて、ゴムを磨く?削る?といった使い方をするみたいです。

こちらは横から見た図です。

裏はこのようになっています。

シルバーのゴムを通す部分は簡単に外れる模様。

奥には砥石が付いています。これはサンドペーパーではないみたい。ヤスリのようなものがくっついています。

車検で入庫してきた車でも、ワイパーゴムがかき不良になってるのが結構多いです。ただ検査にはきちんと前方確保できていること。なので、ある程度以上のワイパーの劣化はゴムを交換しないといけない。

この工具がもしきちんと機能するのであれば、外車などに一番威力を発揮してくれますね。ワイパーブレードアッセンブリーでしか交換ができない車。

左右セットで4000円コースです。それらを修復できるのなら、200円なら画期的。早速会社に持って行って試してみたいと思います。

またご報告します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むきんぽ より:

    怪しさ全開(笑)
    閲覧しながら飲んでいたホットコーヒーを軽く吹くところでした。

    裏は空洞かーーーい。本当、怪しさ大爆発ですね。

    俺、思うんですけど・・・
    ワイパーの払拭能力の低下って、ゴムが千切れかかったり、ガラス面に対してアームに押し付けら続けてゴムに寝癖がついて水を切れなくなったケースが多かったように思うんですよ。
    砥いで戻ったら凄いなぁ。
    結果報告を期待しています。