2ストのオイルをガソリンに少し混ぜると、潤滑能力が上がるのは本当か?

昔の話ですが、僕がRX-7に乗っていたころ。2サイクルのエンジンオイルをガソリンに少し混ぜてやるとエンジンに優しいよ!

と言われたことがあります。その時は、ロータリーエンジンの構造が、4サイクルというよりは2サイクルに近い事。

そして、ロータリーエンジンはそもそもメタリングポンプで、エンジンオイルをガソリンと混ぜて燃焼させている。

これらを説明されたので、納得しました。実際にいれなかったですけどね。

それでは、現在の4サイクルガソリンエンジンの、燃料であるガソリンに、2サイクルオイルを混ぜるとどうなるのか?

エンジンの潤滑能力が上がるのか?

2サイクルオイルを混ぜても、潤滑能力は変わらず逆に弊害出る

今や都市伝説でもありますが、2ストのオイルをガソリンに混ぜてやったらどうなるのか?

潤滑能力が上がるのか?という点です。

これは、潤滑能力は変わらずそれよりも弊害が多いと言えると思います。

どういうことか?

まず今の車って、エンジンが直噴エンジンだったり、きめ細かい噴射をしています。インジェクタもマルチホールの孔が増えてきて、それぞれが小さいです。

どの程度の割合で混ぜるかにもよりますが、これら燃料ラインに悪影響が出ます。最悪な話、詰まり気味になってしまう。

そして、オイルを混ぜると当然のことながら燃えづらくなります。更には燃えた後のカーボン・スラッジも増えてくる。

エンジンが汚れてしまう。

これらを考えると、今の4サイクルエンジンに2サイクルエンジンのオイルを混ぜたら、弊害しかないと。

草刈り機などには、未だに2サイクルエンジンを使っています。

オイル交換というものがなく、ガソリンとオイルを混合して使います。

混合の割合はメーカーによって異なりますが、25:1だったり、50:1だったり。

ホームセンターに行けば、すでに混合された燃料として販売されています。

草刈り機でもオイルを濃くすれば潤滑は良くなるが吹けなくなる

このカストロールの2サイクルオイルですが、草刈り機に入れるために買ってきました。

理由は、シーズンが終わって、次に初めて使う時のクランキングが重たいからです。

いつもはホームセンターの混合ガソリンを入れて使っています。

しかし、最近リコイルスターターが重たくなってきたので、混合ガソリンにプラスして、このオイルをさらに混ぜようと思っています。

オイルの比率を上げると、エンジンが吹けにくくなります。そして、オイルをより燃やすので白煙もたくさん出ます。

さらには、マフラーが詰まりやすくなるし、プラグにも悪影響です。

エンジンの油膜は厚くなるけどそれ以外には弊害が生まれるわけですね。

草刈り機を使う時は、ほぼフルスロットルなので、いいオイルを混ぜて挙げたほうがエンジンにとってはいいかなと。

4サイクルエンジンに2サイクルオイルを混ぜて入れてもいいことはないと思います。

YouTubeもやっています。

MHOちゃんねる

チャンネル登録お願いします

シェアする

フォローする