アクティ・バモス・ホビオはバッテリー上げちゃダメ!救援と交換が大変

ホンダのアクティ3兄弟。

アクティ・バモス・ホビオについてです。この3つの車種はバッテリー交換をケチらないでください。というのも、交換が非常にやりにくいからです。

基本的にはアクティもバモスもホビオも同じです。

バッテリーはボンネット下の奥底に搭載されています。もし、バッテリーが上がってしまったらどうするか?

救援してもらうにも非常に大変なんです。

以下、交換作業を見てください。

アクティのバッテリー交換が非常にやりにくい

アクティ・ホビオ・バモスのバッテリーって、ボンネット下のウォッシャータンクの下にあるのです。

交換が非常に手間でやりにくいです。

まずはウォッシャータンクのピンを1つ外します。

ピンを外すとウォッシャータンクを上に持ち上げる事が出来ます。

この時手前側にウォッシャーモーターの配線やカプラーがあるため、注意しながら持ち上げます。

たまにここを破損している車を見かけます。無理やり持ち上げると割れますので。

ウォッシャータンクを引っこ抜いたら、本当はタンクを外してしまうのがいいんですが、当て布をしてそのままバンパーに引っ掛けた状態で作業をしました。

こんな感じでタンクをバンパー側へ。

すると奥底にようやくバッテリーを確認することができます。

もしバッテリー上がりを起こして救援を呼んだ場合も、ウォッシャータンクを外してバッテリーにアクセスしないとエンジンをかけられません。

この手間が大変なので、早め早めの交換を推奨します。

あとは従来のバッテリー交換と同じです。マイナスから外すこと。

バッテリーステーもどこに固定されてるか目視しにくいです。

プラス端子も外したらバッテリーをトレーごと持ち上げます。

どうですか?

ようやく外れました。

これらの車は救援者を呼んだとしても、リカバリーするのにそもそも大変なんです。

交換用バッテリーを用意。

取りつけ手順はプラス端子から接続して、最後にマイナス端子をつなぎます。

気をつけたいのはバッテリートレーは規定の位置にはまるようになっています。

規定の位置についていないとぐらつくので、よく確認してからステーを取り付けてください。

あとはウォッシャータンクを元に戻して終了。

こんなのをバッテリーが上がった現場で行う羽目になるのなら、早めに交換をする。

これがアクティ・ホビオ・バモスの鉄則です。

交換するのなら容量アップもしておきたいくらいです。

シェアする

フォローする