ハンターカブ CT125にAdPower Motoを取り付けてみたらどうなったか感想

AdPowerという商品を知らないと、タイトルだけではさっぱりとわからないと思うので紹介します。

AdPowerという商品はこちらです。

これは一体何なのか?僕も全く知らなかったんですが、Amazonをいじっていたら出てきたもので、興味が出たので買ってみました。

2つ買ってみたんです。バイク用と軽自動車用。

今日はこのAdPowerという商品をハンターカブに取り付けてみました。

AdPowerという商品はどんなもの?

ではまずAdPowerというものは何なのか?

・パワー、レスポンスアップ

・排気ガス削減

・燃費にも好影響

と表面には書いてあります。仕組みはこうです。

エアクリーナーBOXに張り付けると、静電気を抑制してエンジンへの空気流量を増加させて燃焼が改善するというもの。

空気にも静電気は影響を受けるということで、これを抑制して流れをよくするというものですね。

とりあえずハンターカブに取り付けてみます。

まずはエアクリーナーボックスを外します。その前にカウルを1枚外す。

ハンターカブのカウルは何度も分解してきましたけど、毎回割れないか緊張しちゃいます。

ちなみにこの前施工したバリアスコートが効いていてツルツル。

奥にあるのがエアクリーナーケース。これはネジ8本程度で止まっているだけ。

ダクトも抜けばケースは取り外せます。

ハンターカブのエアクリーナーはこういう形をしているようです。初めて見た。

フィルター部だけ交換できるのかなと思ったけど、どうやら一体型っぽい。

これはもしや車より高いかもしれないぞ。

とりあえずエアクリーナーは置いておいて、ここからAdPowerの設置です。

両面テープが本体についてるので貼り付けるだけ。

静電気を抑制するのは、エアクリーナーボックスでいうとエンジン側に近いほうが望ましいです。

真ん中付近に設置することにしました。

張り付ける前に脱脂作業から。よーく脱脂しないと剥がれてしまいます。

あとはテープをはがして

張り付けるだけ。

あとは元に戻すだけ。

AdPowerは体感ができるのか?

では、実際に取り付けてみてどうだったのか?

まだ燃料は減っていないので、燃費計測はしていません。

排気ガスもテスターなどで測定していないので、あくまでも体感での話。

気のせいと言えば気のせいなんだろうけど、高いギヤでのトルクが上がったような気がします。

どういうシチュエーションかっていうと、4速で走行中に、少し登坂気味の道路に差し掛かるとシフトダウンして3速で登りますよね?

それが4速でも回転が落ちなくて登り切れる感じ。

アクセルの付きがいいのか、トルクが太く感じるのかっていうところ。

あとは特に今のところは何ともですね。

これで燃費がきちんと向上していれば、あえてもう一枚買って貼ってみようかなと思っています。

ちなみにこのAdPower消費期限があるようで、2年間位しか効能がないようです。

2年に一度買い替える必要があるという事ですね。車なら車検時に交換とかってやっておけばわかりやすいです。

もう少し乗ってみて、変化が体感出来たら追記してみます。バイク用は1000円しないので、試すにはお手軽ですね。

シェアする

フォローする