今、オイル交換が難しい!そのオイル交換大丈夫?量や手順を間違えると故障につながる理由

エンジンオイルの交換が、ここの所難しくなってきていることをご存知でしょうか?あなたが自分自身でオイル交換をしていたり、お店で作業をしてもらったりしてると思います。でもそのオイル交換、大丈夫ですか!?

昔に比べてオイル交換が難しくなってきた理由と、それを守らないと故障につながる理由を紹介。

オイル交換をオーダーされた時に気が付く前の作業の不備

オイル交換を依頼されるとき、前の作業の不備を発見することがあります。手順通りにオイル交換をすると、このようなフローになる。

入庫・距離確認→レベルゲージを抜いて現在のオイル状態を点検→ドレンボルトを外して古いオイルを排出→ドレンボルトを清掃・パッキンを新品にして規定トルクで締め付け→新油を規定量入れる→必要であればリセット→オイル漏れなどを確認・次回交換ステッカー用意。

特に変わった風もない作業フローです。前の作業不備を発見する箇所として、オイルの量があります。かなりの確率でエンジンオイルが規定量以上入っているということ。

次いで、ドレンパッキンの不備なのかオイル漏れをしている。さらにドレンボルトのネジ山が舐めている。とどめはオイルの状態をリセットされていない。

多いです。前回のオイル交換をだれがやったんだ?と思うほど。

オイルの入れすぎ・少なすぎはエンジンを壊しかねない

一番多いかな・・。エンジンオイルの量が入りすぎているケース。オイルが入りすぎているといろんな不備が出てきます。もちろん少ないのもマズイ。

オイル量が多すぎる不備はどのようなものか?

まず、エンジン内の圧力が高まったときにブローバイの量が増えてしまう。これがエアクリーナー側に戻り、エアクリーナーが通常よりも早く汚れてしまう。

それだけではなく、極端な例だとブローバイがインジェクターの先端を詰まらせて、O2センサが反応してしまうということも起こりえます。

当然オイル量が多すぎるとクランクシャフトでかきあげてしまい、抵抗になる。燃費の悪化も考えられます。

ガソリンエンジンならこのくらいの弊害ですが、クリーンディーゼルはさらに困る。クリーンディーゼルはその性質上、燃料がオイルの中に混入しやすくなります。なので、最近のディーゼルエンジンはエンジンオイルの量は厳守が基本です。

なぜならば、量をきっちりと守らないと、燃料で希釈されているかどうかの判断がつきにくい。もし燃料希釈をされているのなら、すぐにでも交換しないとまずいわけです。この辺りに精度の高いオイル交換が要求されるようになりました。

当然DL-1やDH-2など専用のオイルを使うことは言うまでもありません。

逆にオイルが少なすぎると、油圧が不足してエンジン故障にすぐつながります。オイルの量は昔よりもよっぽど厳しく管理しないといけません。LOWとFULLの間にあればOKですが、FULLに近いほうでとどめておくほうが安心です。

オイルが減るエンジンもあるからです。

ドレンボルトのネジ山が舐めやすい

最悪なのが、オイル交換を依頼されたときにドレンボルトを外そうとして、手ごたえがヌルっとする場合。前の作業で締め付けトルクを守られてない為、ネジ山を壊してしまっている。

オイルを抜いてしまうと走行ができなくなるので、車を預かるか一旦修理のめどがつくまで返すかといった選択を迫られます。これもかなり多いです。

今のエンジンは軽量化のためにオールアルミエンジンになっています。オイルパンのアルミ製で、ドレンボルトのネジ山損傷が後を絶ちません。

特にダイハツのKFエンジンが多いですね。

タップボルトを使えばリカバリーは可能です。その後もドレンボルトとしてきっちりグリップして使い続けることができますが、締め付けトルクを守らないでいるとこのボルトを使っていても後に壊れると思います。

とにかくアルミ製オイルパンはドレンボルトの締め付けに要注意です。

オイル交換をしたらリセットを実施すること

昔の車にはほとんどありませんでしたが、今の車ってオイル交換をしたらメーターをリセットさせないといけないんです。

有名なのはマツダのディーゼルエンジンでスカイアクティブD。そのほかにスズキの軽自動車やホンダの軽自動車でもスパナマークが点灯したりします。

せっかくオイル交換を実施したのに、その後すぐにオイルのマークが点灯する・・。これでは信頼もがた落ちです。

そうならないようにもオイル交換に入庫した時には、オイルのリセットが必要なのかどうかをオイルを排出しているときに調べること。

自分でオイル交換をする分にはいいですけどね。

オイル交換も難しくなってきている

たかがオイル交換、されどオイル交換。オイル交換が年々難しくなってきています。難しいというか、細かくなってきてるといったほうがいいかもしれないです。

ちゃんとした手順通りに行えばなんてことはありません。

・量を守る

・きちんとしたトルクで締める

・リセットする

この3つがポイントになるので、作業する時は気を付けてください。もしあなたがお店などで交換をしてもらったら、翌朝オイルのレベルゲージを抜いて確認してみるのもお勧め。量がたくさん入っていれば、雑な工場なんだなってわかります。

整備工場側はちゃんとしたクオリティの作業を提供しないと、お客さんが離れていってしまいます。オイル交換は基本です。

シェアする

フォローする