新品タイヤを1シーズン使ってみてタイヤローテーションの大切さを知る

今年の春に新品のタイヤを装着しました。

仕事で使っている車なので、年間走行距離がかなりかさみます。ランニングコストを抑えるために、型式の古い未使用タイヤを買って履いていました。

屋内保管ということと、ノーマルタイヤだからまあいいかなと。

車は4WD。先週スタッドレスタイヤに履き替えましたが、外したタイヤの状態に驚いてしまった。

タイヤに負担がかかるのは駆動輪

車のタイヤってどこのポジションが大変なのか?これは、駆動輪であるといえます。駆動輪というのはエンジンからミッション・デフへ動力伝達されて、その回転を伝達しているタイヤです。

例えばFFであればフロントの2本。リヤはギヤを入れてエンジンを回してもタイヤは回転しません。フロントタイヤで駆動しています。

これがFRになるとリヤタイヤが回転します。フロントタイヤは舵取りに専念できてリヤタイヤで駆動を伝える。

4WDになると4つのタイヤすべてが回転します。しかし4WDの場合FFベースのものが多いので、フロントタイヤのほうが大変です。

我が家の車はFFベースの4WDです。

こちらが新品でおろして1シーズン使ったフロントタイヤです。

なんとまぁショルダーが減っているではありませんか・・。なんでこんな減り方をするのかっていうと、山道を走るからですね。

お客さんがお山の上に住んでいて、2日に1回は山道を登っています。これ、タイヤがすごく減るんです。

タイヤローテーションをしなかった結果

Fr右のタイヤ

Fr左のタイヤ

Rr右のタイヤ

Rr左のタイヤ

見事なまでにフロントに履いていたタイヤが減っています。タイヤローテーションをきちんとしていれば、均一に減っていたと考えられます。

新品タイヤを装着したら、タイヤローテーションを実践すべきなのは間違いありません。ただ結構手間です。

僕は最初からタイヤローテーションをしないしないつもりでいました。来シーズンフロントとリヤを入れ替えて使おうと思ってたので。

しかし4WDなので、できればタイヤは均一に減らしたほうが駆動系にやさしいです。タイヤが減ると厳密に外径も変わってくるので、デフなどに負担が増えてしまいますからね。

1シーズンでこんな減り方をしていれば、2シーズンくらいしか持たなそうです。仕事で車を使うとなるとこんなにもコストがかかるものなのね。とびっくりしてしまいました。

シェアする

フォローする