サンバー、エアコンが効かずバッテリー警告灯が点灯する原因は大体これ

スバルのサンバーです。

エアコンが効かなくなったということで、今すぐみてほしいという飛び込み修理が来ました。

本人はエアコンが効かない。ということで慌てて来ましたが、それより気になるのはチャージランプ。

いわゆるバッテリー警告灯が点灯しているということ。

実はこの症状はサンバーでよくある故障です。その瞬間、廃プラの中から使えそうなものがあるかなぁと。

チャージランプ点灯でエアコンが効かないのは?

その時の写真を撮影し忘れましたが、チャージランプというのはバッテリーマークの赤い警告灯です。

これが点灯しているということは、充電系統にトラブルが出ている時です。

具体的にはエンジンがかかっているのにもかかわらず、充電できてない。オルタネーターが不良だったりすると点灯します。

エアコンと、このチャージランプの点灯何が関係しているのかというと、こちらです。

エンジンフードを開けてみると、ベルトがなくなってます。

サンバーの場合、オルタネーターとエアコンのベルトは同じものをつかっています。

ベルトが切れてしまい、エアコンも効かないしオルタネーターも駆動していないということなんです。

ではなんでベルトが切れてしまったのか?

原因はこちら。エアコンコンプレッサが焼き付いてしまいロックされています。

コンプレッサがロックしているのに、エンジンがかかってベルトで回そうとする。

コンプレッサでブレーキがかかっているのでベルトに負担がかかって切れてしまう。こういう流れになります。

スズキでもコンプレッサがロックするということで、リコールが出ましたが、スズキの場合はオルタネーターはオルタネーター、エアコンはエアコンでベルトが独立しているので、仮にエアコンベルトが切れてもチャージランプは点灯しません。

サンバーの場合、エアコンにトラブルが出てもオルタネーターにトラブルが出ても、ベルトが同軸上にあるため両方道連れになってしまう。

エアコンレス用のベルトをつけて応急処置

ありました。廃プラの中から4PK650というベルト。この辺のサイズのベルトがあれば応急処置ができます。

このようにオルタネーターとクランクだけを繋ぎます。

いわゆるエアコンレス仕様のサンバーが使ってるベルトで繋げると。

バンドー(Bando)/リブエースベルト 4PK 4PK650

バンドー(Bando)/リブエースベルト 4PK 4PK650

632円(05/24 04:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

こうするとエアコンは使えないけど、オルタネーターは駆動するので走行は可能になります。コンプレッサが焼き付いてしまうと鉄粉がコンデンサやら他の部位にまで及びます。修理代が高額になりますので。

結局この人は車検が近いということで、買い替えることになりました。ダイハツのハイゼットを買うようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする