タイミングチェーンでもウォーターポンプは壊れるので10万キロ位で交換をお勧め

ちょっと前の車だと、エンジンにタイミングベルトを使っていました。

タイミングベルトはカムシャフトとクランクシャフトをつなぐベルトです。ゴム製のベルトなので、劣化が進むと切れてしまう。

タイミングベルトが切れると、カムとクランクのタイミングがズレてその結果ピストンとバルブが接触してしまい、エンジンが駄目になってしまう。

その為、タイミングベルトは10万キロ毎の交換をメーカーが指示していました。

タイミングベルトを交換するとき、一緒にウォーターポンプやカムシャフト・クランクシャフトやオイルポンプのオイルシールなども一緒に交換するのが常套手段で、整備費用が5万円を超えることもあり、買い替えをする人も多かった。

タイミングチェーンになると、交換が必要になる事は珍しいです。その為、車検では補機駆動ベルトを交換することがメインとなります。

では、ウォーターポンプはどうなのか?

タイミングベルトと違って、ウォーターポンプが壊れても、すぐにエンジンが壊れるわけではありません。

その為、ウォーターポンプの交換がタイミングチェーンになってから軽視されがちになってきた。

ウォーターポンプから異音が出たら、水漏れの前兆

エンジンをかけるとガラガラと異音がする。

異音の原因にウォーターポンプの場合があります。ガラガラ音は、エンジン内部の異音の他に、補機類のベアリング異音でも発生します。

エンジンからガラガラ音が出てきたら、どこから出ているかをサウンドコープなどで詰めていきます。

(STRAIGHT/ストレート) サウンドスコープ 19-336

(STRAIGHT/ストレート) サウンドスコープ 19-336

1,485円(06/28 14:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

もしウォーターポンプから異音が出ていたら、すぐに交換してもらって下さい。

ウォーターポンプから異音がでると、しばらくしたらクーラントが漏れ出してきます。ベアリングにガタツキが発生するとそこのシールから漏れてしまうからです。

クーラントが漏れると、当然エンジンの冷却がおろそかになってオーバーヒートします。重度なオーバーヒートはシリンダーヘッドを歪ませて、エンジン本体に深刻なダメージが入ってしまいます。

異音がでてからウォーターポンプを交換するんじゃなくて、ウォーターポンプはタイミングベルトと同じで10万キロ位で交換するのをお勧めします。

その方が安心ですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする